これぞPauper流の無限トークンコンボ! 緑白ゴンド考察

公開日: 緑白無限トークン このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、Pauperの緑白無限トークンデッキについて書いていきます。

midnightgonds
player:Butakov (4-0)


6:《平地/Plains》
4:《花咲く砂地/Blossoming Sands》
4:《森/Forest》
4:《カルニの庭/Khalni Garden》
4:《セレズニアの聖域/Selesnya Sanctuary》
-Lands(22)-

4:《大量の芽吹き/Sprout Swarm》
4:《ゴンドの存在/Presence of Gond》
3:《種のばら撒き/Scatter the Seeds》
3:《蜘蛛糸の鎧/Spidersilk Armor》
-Other Spells(14)-

4:《本質の管理人/Essence Warden》
4:《魂の管理人/Soul Warden》
4:《深夜の護衛/Midnight Guard》
4:《淡色のマイコダーム/Pallid Mycoderm》
4:《セレズニアの福音者/Selesnya Evangel》
4:《古参兵の武具師/Veteran Armorer》
-Creatures(24)-

4:《散弾の射手/Scattershot Archer》
4:《軍旗の旗手/Standard Bearer》
3:《アイケイシアの投槍兵/Icatian Javelineers》
2:《上機嫌の破壊/Gleeful Sabotage》
2:《天啓の光/Ray of Revelation》
-Sideboard(15)-
SPONSORED LINK

2枚コンボで無限トークンを狙う。Pauper流の欠片の双子デッキ

他のクリーチャーが戦場に出るたびにアンタップするクリーチャーの《深夜の護衛》

タップするたびに戦場に1/1トークンを戦場に出すオーラの《ゴンドの存在》

 

これら2枚を組み合わせることで、「タップする→トークンが出る→アンタップ→タップする→トークンが出る→アンタップ→タップ…」と無限ループさせ、数えきれないほどの1/1トークンで相手を殴り倒すことを目的に組まれた無限コンボデッキです。

midnightgonds
モダンで活躍する《欠片の双子》デッキ同様、2枚のカードで無限コンボが完成するのが強み。

 

デッキ内にはトークンを生む召集呪文が多く採用されているため、この2枚コンボが揃わなかった場合でも

・《ゴンドの存在》を張る対象に困らず、張るのに対応して除去されても損しにくい構成

・《深夜の護衛》で召集コストを大きく軽減できる構成

が両立できるようになっているのが特徴です。

基本はソウルシスターズ

wardens
この無限トークンコンボは、召喚酔いのせいで「コンボを決めたターンに即勝利すること」ができないという欠点があります。

その欠点を埋めるのが2種類の管理人


無限コンボを決めた瞬間に無限ライフを得るおかげで勝利がより確実となるだけでなく、序盤から大量のトークンを展開できるおかげで無限コンボまでの時間を大きく稼ぐ役割も持っています。

基本はソウルシスターズならぬワーデンシスターズ入りの緑白トークンとして動きつつ、無限コンボを狙っていきましょう。

無限コンボを囮に。真の狙いはオーバーラン!!

mycoderms
ここまで読むと、無限コンボ一辺倒なデッキに見えて「深夜の護衛を除去されたら終わりなデッキじゃないのか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、欠片の双子デッキがそうであるように、このデッキの無限コンボは「分かりやすい脅威」に過ぎません。

 

このデッキ真の狙いは《淡色のマイコダーム》の3つ目の能力

「苗木を生贄にすると、ターン終了時まで自分のファンガスと苗木は+1/+1修整を得る」にあります。

 

無限コンボやソウルシスターズ要素との相性が良さから自然と場に苗木トークンがたくさん並びやすい構成になっており、気が付けば5体10体の苗木が並ぶため、苗木の総攻撃+全体強化による瞬殺が可能なんです。

「無限コンボさえ処理できれば…」と油断していると、手痛い一撃が待っています。

最後に

《時間の亀裂》が禁止され、環境が低速化してからローグとして注目されていたアーキタイプでしたが、最近また活躍しだしているこのデッキ。

 

Pauperの広いカードプールなれど、3マナのカード2枚で無限の1/1トークンを並べられるのは珍しいコンボです。

「モダンでは双子が特に好きだ」という方は、Pauperでは是非このデッキを使ってみてください!

以上、これぞPauper流の無限トークンコンボ! 緑白ゴンド考察でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 匿名 より:

    使ったことがありますがオンラインだと無限トークンは量の加減が難しいですね
    あまりやりすぎても長引いて相手に迷惑だろうと控えめにしていたら押し切れなくて逆転負けした事があります

    • Ganp より:

      そうですねー。トナプラだとお互いに「より効率の良い練習をしたい」という気持ちがある感じがするので、余計気を使ってしまいます

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑