霊気紛争の新メカニズムを考察!新たなコモンと相性の良いカードは?

公開日: 新カード情報 このエントリーをはてなブックマークに追加

1月2日より今月発売の新セット『霊気紛争』のメカニズムが公開され、新カードが続々と公開されています。

 

参考リンク:『霊気紛争』のメカニズム/マジック:ザ・ギャザリング 日本公式

 

既に、紛争・即席という新たな能力を持つ優秀なコモンが明らかになっています。さっそく見ていきましょう。

SPONSORED LINK

紛争

そのターンに自分のパーマネントが戦場を離れていた場合に強くなる能力語「紛争」。

 

陰鬱を彷彿とさせる能力ですが、死亡以外でもOK・クリーチャー以外でもOKなため、能動的に狙う場合には圧倒的に達成しやすくなっています。

《進化する未開地》やバウンスランドでも達成できるので、そういった土地を多く採用しているデッキがテンポ損を取り返すのにも使えそうです。

 

《精緻会の改革派》は、紛争達成時に場に出ると2マナ2/2+1/1。

《巣の侵略者》同様、2マナ2/2の横にトークンがついてくるのは《稲妻》《チェイナーの布告》《電謀》のどれが相手でも非常に優秀です。

 

白の紛争トリガーとしては《コーの空漁師》《スレイベンの検査官》など優秀な定番カードが多いですが、どれも追加でマナがかかってしまうので、紛争が安定するのは4ターン目以降である事を念頭に評価したほうが良さそうです。

《彩色の星》を積んだデッキでなら、序盤から2マナ3点クロックとして活躍してくれますね。

 

 

《稼働停止》は、紛争するとインスタント版の《真面目な捧げ物》のような性能に。

紛争しながらインスタントの強みを活かせる盤面はそう多くはないので、他のエンチャント・アーティファクト破壊が優先されるでしょう。

 

《絹織りの精鋭》は、紛争すると3マナ2/2到達+1ドロー。

緑は《クウィリーオン・レインジャー》《巣の侵略者》で簡単に紛争を狙えるので、フェアリーや《秘密を掘り下げる者》を止めつつドローを進めるのに使えます。

 

ただ、親和エルフだと《クウィリーオン・レインジャー》以外では紛争を狙いにくいのが難点。

積極的に殴って相打ちを狙えるようなストンピィに近い構成で使いたいところです。

 

 

《夜市の飛空士》は、紛争すると4マナ3/3飛行。

紛争は比較的狙いやすいためか「達成できないと弱く、達成できても陰鬱よりも控えめな強さ」に設定されている感じですね。

紛争トリガーは沢山あるとは言え、トリガーを多めに採用しないと「紛争できなくて苦しむ」盤面も出てくるので、デッキ構成を選びそうな能力です。

 

能動的に使いやすい紛争トリガーの一例

全:《進化する未開地》・バウンスランド・《彩色の星》・印章サイクル・呪文爆弾

 

白:《コーの空漁師》《きらめく鷹》《スレイベンの検査官》・各種ブリンク

青:《噴出》《消灯》《夢で忍び寄るもの》・各種ブリンク

黒:《屍肉喰らい》《煙霧吐き》・(青黒)《洞窟のハーピー》

赤:《傲慢な新生子》《エイトグ》《ゴブリンのそり乗り》《カルドーサの再誕》

緑:《輪作》《クウィリーオン・レインジャー》《巣の侵略者》

 

陰鬱と違って「相手のクリーチャーが死亡した場合」には達成できない点に注意。

即席

アーティファクト版の召集である「即席」。

アーティファクト土地を活かせない・タップする必要があるという点で「弱くなった親和」とも考えられます。

 

親和デッキで採用するには力不足ですが、素のコストが親和持ちよりも軽い傾向があるので、裏を返せば「アーティファクト土地をフル投入せずに済む」とも解釈でき、デッキ構成次第で十分差別化できる能力です。

 

例えば、《搾取工区の喧嘩屋》は同じく回避能力持ちの3点クロックである《厳粛な空護り》と比べると2マナ軽い、4マナの3/3即席・威迫。

 

《胆液の水源》やフィルターと装備品を積んだ程度の構成でも2マナ3/3威迫くらいにはなるので、《ゴリラのシャーマン》を意識してアーティファクト土地の枚数を抑えた単色~2色のアーティファクト利用デッキで優秀です。

 

工匠であるおかげで《発明者のゴーグル》との相性が良く、それだけで3マナ4/5威迫に。

4点火力を耐えるうえに止められにくい4点クロックとして活躍してくれます。

 

《古きものの活性》でゴーグルを探して《甲殻の鍛冶工》とこれをサポートする赤緑工匠なんかも面白そうですね。

 

 

一方、《鋳造所の組立工》は5マナ3/3即席。

《金属ガエル》《マイアの処罰者》と比べてもコストが軽くなっていないため、こちらは明確に親和の下位互換と言って良いでしょう。

特筆すべき点としては、組立作業員なおかげで《自己組立機械》からサーチできるくらいでしょうか。

 

 

紛争も即席も、かなり期待できそうな調整がされていますね。

カラデシュから続投の機体・エネルギーカードも、Pauperリーグで通用するレベルのものが出てくるのかに注目です。

Comment

  1. 匿名 より:

    紛争のためにパーマネントを落とすように組むと、同時に昂揚もできそうですね。

    関係ないですが《洞窟のパーピー》になっちゃってます。

    • ganp より:

      他の能力と絡ませやすい条件ですよね。ご指摘ありがとうございます、修正しました!

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑