【対戦動画】Wu金属術ウィニー【何をタッチさせるべきか】

公開日: 対戦動画/WatchGames このエントリーをはてなブックマークに追加

白茶金属術ウィニーにすっかりハマってしまい、この週末で色々な調整を試しています。

Wu金属と書くと、元素記号みたい。

 

エルフ戦は《上機嫌の破壊》が辛く、横に大量にならぶので、全体火力が欲しくなります。


4:《古えの居住地/Ancient Den》
4:《教議会の座席/Seat of the Synod》
1:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
9:《平地/Plains》
-Lands(18)-

4:《骨断ちの矛槍/Bonesplitter》
4:《皮剥ぎの鞘/Flayer Husk》
4:《チス=ゴリアの歯/Tooth of Chiss-Goria》
2:《予言のプリズム/Prophetic Prism》
1:《誤算/Miscalculation》
1:《綿密な分析/Deep Analysis》
-Other Spells(16)-

4:《献身的な補充兵/Ardent Recruit》
4:《宮廷のホムンクルス/Court Homunculus》
4:《きらめく鷹/Glint Hawk》
2:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
4:《金属ガエル/Frogmite》
3:《オーリオックの太陽追い/Auriok Sunchaser》
3:《コーの空漁師/Kor Skyfisher》
2:《磁器の軍団兵/Porcelain Legionnaire》
-Creatures(26)-

2:《痕跡消し/Leave No Trace》
3:《太陽の槍/Sunlance》
1:《虹色の断片/Prismatic Strands》
2:《大祖始の遺産/Relic of Progenitus》
2:《マナの税収/Mana Tithe》
1:《綿密な分析/Deep Analysis》
3:《未達への旅/Journey to Nowhere》
1:《貴族階級の嘲笑/Patrician’s Scorn》
-Sideboard(15)-


動画の通り、《予言のプリズム》を利用して終盤の《きらめく鷹》・《コーの空漁師》に「キッカー②:カードを1枚引く」を与え、息切れしにくくするのが主な狙い。

それだけだと少し勿体ないので、他の色の強そうなカードをタッチしています。

 deepmiscals

所詮は6枚しかタッチカラーを出すカードが入っていないので、1枚で大きな効果が得られるカードや、《誤算》のようにタッチカラーを引けないときの保険があるカードが良さそうですね。

 

青と言えばドローですが、この選択がまた難しい。

今回は《綿密な分析》を試しましたが、4マナなら《金切るときの声》で良いような気もしました。

 

ドローは《予言のプリズム》だけにして、サイドに《クラーク族のシャーマン》《鋭い痛み》を入れられる赤タッチにするのが一番かもしれません。

 

白茶金属術は1マナ3/3の存在・飛行戦力の厚さが優秀な上、親和よりも新カードを取り入れやすいタイプのデッキですし、今後の優秀なアーティファクトコモンの登場が一層楽しみになってきました!

Comment

  1. 最近白ウィニーがスタンにいなくて寂しい より:

    チス=ゴリアの歯を鷹や空漁師で使い回すのが地味につよいとおもった(小並感)

    • Ganp より:

      まるで1マナ3/2飛行を展開しているかのような感覚になりますね
      1マナ2/2飛行CIPでメリット持ちはやばい(小並感)

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑