【棲み家の防御者ループ】タルキール龍紀伝プレビュー考察その3【突撃陣形デッキ】

公開日: 新カード情報, スタンダード記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ龍紀伝のフルスポイラーも近づいてきましたね。

タルキール龍紀伝公式スポイラー/カードギャラリー


今回も、現在公開されている「タルキール龍紀伝」のカードと相性の良いカードについてです。

タルキール龍紀伝プレビュー考察その1 その2

ASFs
<全軍突撃!(ただし尻から)>

SPONSORED LINK

棲み家の防御者

 defenders
自分よりパワーの小さいクリーチャーにブロックされない2マナ2/1。

そのまま使っても《森の女人像》に止めらず、強化すればアンブロのように動ける優良アタッカーですが、これの真価はやはり大変異。

合計5マナで回避能力付きの3/2に、《永遠の証人》を思わせる回収効果が付いてきます。

モダンの話にはなりますが、《根絶》対応して使える唯一の回収手段である点にも注目。

faceup
能力を最大限に活かすのなら、《囁きの森の精霊》・《死霧の猛禽》を一緒に採用したい。

《囁きの森の精霊》の効果で大変異持ちの予示を狙えて、全体除去には精霊生け贄+大変異で回収と動けばほとんど損害がありません。

予示が進むにつれて徐々に《死霧の猛禽》の枚数が増えていき、相手を圧倒することができます。

 

《見えざるものの熟達》でライフ3桁は勘弁してほしい。

cycles

突撃陣形

ASFs 
ドランのように、タフネス偏重のクリーチャーを瞬く間にファッティに変えるエンチャント。

マナを払えば防衛クリーチャーで攻撃したり、全体強化することもできます。

 

《黄金の牙、タシグル》《包囲サイ》からみても「2マナの+1/+0修整エンチャ、3マナ払えば追加で+1/+1修整」と中々の性能の高さなので、タフネスの高いクリーチャーが多めのデッキに1枚いれるだけでも強そうなカード。

phenaxs
このカードを軸にタフネス偏重のクリーチャーを重視してデッキを組むなら、スゥルタイカラーにして《欺瞞の神、フィナックス》と組ませたいところ。

両方エンチャントなので、《神々との融和》も入れれば安定してどちらかは引けるようになります。

緑黒青の採用候補

toughs
《森の女人像》は2マナ3/3呪禁のマナクリ、《龍の眼の学者》は2マナ6/6

《血の暴君、シディシ》でフィナックスとのコンボを狙うのも面白そう

龍の降下

 drassas
望む数のクリーチャーを対象にし、それらを全て破壊して4/4飛行のドラゴンに変えてしまうソーサリー。

《難局》に似た性能なので、2体しか対象に取れないと微妙な感じ。

できれば4体以上をドラゴンに変えたいところです。

dragons
ド派手にコンボを決めに行くなら、同じく新カードの《龍の大嵐》と組ませたい。

《軍族童の突発》などで頭数を確保して、4体のドラゴンを生み出せれば4×4=16点のダメージ

全て本体に飛ばして瞬殺するもよし、相手のライフが多いなら相手のクリーチャーもついでに4/4に変える事で4点火力で片っ端から除去するのもよし。

《森の女人像》のようなマナクリを並べてから打ったり、赤単信心がニクソスから一気にドラゴンを展開していく使い方が基本になりそう。

《戦場の秘術師》から2マナで打つのも良いですね。

他の考察記事

DTKプレビュー考察その1:シディシで敵だけ全除去、など

DTKプレビュー考察その2:卓絶のナーセットと相性の良い呪文、など

以上、タルキール龍紀伝プレビュー考察その3でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑