【深海の主、キオーラランプ】戦乱のゼンディカープレビュー考察【破滅を導くもの】

公開日: 新カード情報, スタンダード記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ、戦乱のゼンディカーのプレビューウィークがスタートしました!!

 

いきなりシミックカラーの強力なカードが複数公開されています。

戦乱のゼンディカー特設サイト

戦乱のゼンディカー公式スポイラー/カードギャラリー

 

今回は、現在公開されている「戦乱のゼンディカー」のカードと相性の良いスタンダードのカードについて書いていきます。

bfz1s

SPONSORED LINK

深海の主、キオーラ

 bfzkiora
シミックカラー唯一のPW、キオーラが再登場。

 

初期忠誠度が《荒ぶる波濤、キオーラ》の2倍となり、申し分のない硬さとなっています。

 

小プラスは、クリーチャー1体と土地1つのアンタップ。

2ターン目に《爪鳴らしの神秘家》を出してから3ターン目に唱えて小プラスを使えば、追加で2マナ使えるように。

余った2マナで「《搭載歩行機械》を召喚し、次のターンから歩行機械をアンタップして2倍の速度で成長させる」動きや、「《シルムガルの嘲笑》を構えてドラゴン公開で打ち消し、次のターンそのドラゴンを召喚する」動きが強力です。

taps

また、4ターン目には最大7マナまで使えるようになるので、大型クリーチャーの召喚も大いにサポートしてくれます。

《失われし業の巫師》もいた日には、瞬く間にエルドラージが並んでいくことでしょう。

 

小マイナスは、クリーチャーと土地のサーチ。

ライブラリーの上から4枚を見て、その中のクリーチャーカードと土地カードをそれぞれ1枚ずつまで手札に加えることができます。

簡単に最大2枚分のアドバンテージを取ることができ、《思考を築くもの、ジェイス》のように小マイナス2回で退場させても十分な性能です。

 

また、残りのカードを墓地に送るのが重要なポイントで、《死霧の猛禽》《棲み家の防御者》との相性が抜群。

raptordens
4マナある状態からキオーラを場に出す
→小マイナスで《棲み家の防御者》と土地を手札に
→次のターンも小マイナスでキオーラ退場。《死霧の猛禽》が墓地に落ちる。
→土地を置いて5マナから《棲み家の防御者》大変異でキオーラを回収。猛禽が場に戻る


といった動きを見かける事も多くなるのではないでしょうか。

 

奥義は、「自分の場にクリーチャーが出るたびに、それと対象のクリーチャーを格闘させてもよい」という紋章を得つつ、8/8を3体場に出す豪華な能力。

紋章による格闘が3体の8/8で即誘発し、相手の場のクリーチャーを一掃。総攻撃1発でゲームが終わります。

 

《荒ぶる波濤、キオーラ》の時とは違って、コントロール相手には全体除去で一掃されやすい奥義なので、小プラスと小マイナスでコツコツアドバンテージを稼いでいく使い方が基本となりそうです。

破滅を導くもの

 ruin
6マナ5/5のエルドラージ。

「唱えたときに、ライブラリーから点数で見たマナコストが7以上の無色のクリーチャーカードをサーチして、ライブラリーの一番上に置く」能力と、「各ターン自分が最初に唱えるクリーチャー呪文のコストを2点軽減する」能力を持ちます。

 

先ほどの《深海の主、キオーラ》との相性も良好で、2ターン目マナクリ→3ターン目キオーラ→4ターン目破滅を導くものから、5ターン目に最大10マナのエルドラージを召喚できてしまうのが強力。

 

10/10を2体並べる《荒廃の双子》や、唱えた時に相手のパーマネントを2つ追放しつつ2~3回殴ればライブラリーが消し飛ぶ10/10破壊されないのウラモグなどを状況に応じて使い分けられるのが嬉しいですね。

eldrazs

また、キオーラの小マイナスと組み合わせれば《破滅を導くもの》でサーチしたクリーチャーを即手札に加えられる点も見逃せません。

 

伐採地の滝

lumber
待望の対抗色ミシュラランドサイクル。

 

この対抗色ミシュラランドサイクルは、戦乱のゼンディカーとゲートウォッチの誓いに分割して収録されるとのこと。

参考リンク:Is BFZ going to have all 5 enemy-colors manlands?/Blogatog

 

青緑のミシュラランドは、4マナで3/3の呪禁クリーチャーに。

ソーサリータイミングの全体除去が効かないのがミシュラランドの強みですが、《伐採地の滝》は呪禁によりインスタントタイミングの単体除去も効かず、除去呪文でクリーチャーを処理してくるコントロール相手に絶大な除去耐性を誇ります。

 

その一方、サイズは3/3と控えめなのが欠点。

クリーチャーデッキが相手の場合には何らかの手段で強化してやらないと活躍は難しいかもしれません。

 

ただ、そもそも《伐採地の滝》は土地なので、クリーチャーデッキ相手にはただのタップイン2色ランドと割り切っても、「コントロール対策が土地枠で出来る」だけで十分すぎる性能だと思います。

controls
このカードをさらに活かすなら、同じく新カードの《カザンドゥへの撤退》が強力。

+1/+1カウンターはただの土地に戻っても乗ったままなので、《伐採地の滝》をクリーチャー化させてから上陸させることでドンドン強化していく事ができます。

 

同じことができるカードとして《城塞の包囲》がありますが、《カザンドゥへの撤退》は①色があっていること②張った後でも、「《伐採地の滝》で殴れるようになるまではライフゲインで時間稼ぎ・殴れるようになったら強化」と切り替えできる点が優秀。

 

《衰滅》などの全体除去との相性も抜群で、青緑黒コントロール・青緑白コントロールも気軽に積んでくる強力なミシュラランドとなりそうですね。《忌呪の発動》《天界のほとばしり》の需要がさらに上がるのではないでしょうか。

 

キオーラのおかげでクリーチャー確保のついでで手札に加えられるのがヤバイ。

 

以上、戦乱のゼンディカープレビュー考察でした。参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 匿名 より:

    ずっとPauperやってるとレアや親和レアは派手に見えて羨ましい
    コモンにもそこそこの性能のPWとか土地とか欲しいなあと思う

  2. 匿名 より:

    同意
    特に三色以上のデッキを安定させる土地が喉から手が出るほど欲しい

  3. 匿名 より:

    3色土地は、インベイジョンの棲み家がダウンシフトしてくれないかなと願うばかり

  4. 匿名 より:

    コモンのPW…ティボルトかなにか?

  5. 匿名 より:

    やけにテンション高いスタン記事だと思ったら・・・シミックカラーだからかw

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑