【エルドラージのミミックアグロ】ゲートウォッチの誓いプレビュー考察【変位エルドラージで無限ブリンク】

公開日: 新カード情報, スタンダード記事 このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲートウォッチの誓いの新カードが続々と公開されていますね。

ゲートウォッチの誓い公式スポイラー/カードギャラリー

今回は、現在公開されている「ゲートウォッチの誓い」のカードと相性の良いスタンダードのカードについて書いていきます。

jp_Yq9d9EOL5J

SPONSORED LINK

エルドラージのミミック

jp_dgiaCOIkK0

2マナ2/1の小型エルドラージ。

他に無色のクリーチャーを場に出すたびに、ターン終了時までそのクリーチャーのパワー・タフネスをコピーする能力を持ちます。

 

《幽霊火の刃》をからめた無色アグロで使いたいクリーチャーです。

elds

このカードと相性の良い、高マナレシオの無色クリーチャーは以下の通り

 

《果てしなきもの》:XマナでX/Xとして融通が利き、相性が良い

《塵の中を忍び寄るもの》:4マナ5/3速攻。幽霊火→ミミック→ミミック2枚目+幽霊火装備→これで4ターン目に17点パンチ

③《現実を砕くもの》:無色アグロ期待の新フィニッシャー。複数の5/5で押し潰せる

《コジレックの伝令》:サイズは低いがコスト軽減からミミック連打や上記のクリーチャーへ繋ぐ

 

 

モダンでは《ウギンの目》から0マナで出せるだけに、下環境での活躍にも期待したい1枚です。

66s
<モダンだと2ターン目に4体の6/6が殴ることもある…かも?>

変位エルドラージ

jp_Yq9d9EOL5J

3マナ3/3の欠色クリーチャー。

無色マナを含む3マナを支払う事で、対象の他のクリーチャー1体を一時的に追放し、タップ状態で戦場に戻します。

 

《一瞬の瞬き》を始めとしたブリンク呪文と違い、相手のクリーチャーも対象にとれてタップ状態で戦場に戻るのが特徴です。

 

①相手の《搭載歩行機械》を対象に取れば0/0になり、そのまま墓地へ送れる

②相手のトークンを追放すれば戻ってこない

③自分の《包囲サイ》などのCIP能力を再利用できる

④クリーチャー化したギデオンを出し直せる

⑤コントロール奪取されていた自分のクリーチャーを取り戻せる

⑥タップ状態で場に戻るので最低でもタッパー

と機能性が高く、マナが大量にあるときの制圧力は相当なものです。

 

出来れば6マナある状態から場に出したいクリーチャーですね。

scions

このカードと相性が良いのは、《血統の観察者》

 

CIP能力で出てくる3体のエルドラージ末裔トークンを生贄にすると無色3マナ=起動コストがちょうど支払えるので、《血統の観察者》を無限回出し直すことができます。

 

2枚コンボでもとりあえず4体の無限ブロッカーを用意できますし、CIP・PIGで誘発する決め手を用意すれば無限コンボの完成です。

《目なしの見張り》は無限にはなりませんが1マナで出し直せるので、こちらも候補に挙がりそうですね。

whenevers

決め手の選択肢としては、

《ズーラポートの殺し屋》:トークンを生贄に無限PIG→無限ドレイン

《衝撃の震え》:無限CIP→無限ダメージ

《族樹の精霊、アナフェンザ》:観察者を出し入れ+鼓舞1をスタックに無限回積む(※トークンでは誘発しないので、1ループにつき+1/+1カウンター1個。MOだと大変?)

《群の祭壇》:無限CIP→ライブラリーアウト

あたりでしょうか。

 

 

こちらも《ウギンの目》が使えるモダンでの活躍にも注目したいカードです。

森の代言者

jp_UWd5ITvaHA

2マナ2/3警戒のエルフ・ドルイド・同盟者で、6枚以上の土地をコントロールしていると自身と土地クリーチャーに+2/+2修整を与えます。

2枚並んだ場合、自身への強化は重複しないものの、土地クリーチャーへの強化は重複します。

 

とりあえずシナジー抜きで考えても序盤2/3警戒・終盤4/5警戒と中々の性能です。

 

ただ、土地が6枚ちょうどの時に3~4点ダメージを受けた時は注意が必要です。フェッチランドを生贄にすると、一時的にサイズが2/3に戻って死亡してしまいます。

ramps

このカードと相性が良いのは、《巨森の予見者、ニッサ》

どちらも序盤から展開できて、土地を伸ばすメリットをさらに高めることができます。

 

また、両方シンボルが薄いので《荒廃した森林》も入れるとかなり使いやすくなるのではないでしょうか。

 

土地が伸び切った後はマナをミシュラランドにつぎ込めば、土地クリーチャー強化を活かした攻めが可能となります。

mishras

土地クリーチャーを強化する能力を活かすなら、4/3二段攻撃=8点クロックになる赤白か、土地6枚から《森の代言者》を出して即4/5絆魂で殴れる白黒が特に強力ですね。

 

2色ランプデッキとして安定性を高めて、緑黒の4/4接死・青緑の5/5呪禁を狙うか

多少ランプ速度を落としてでも、土地クリーチャーで8点ライフ差をつける3色デッキにするか

 

好みが分かれそうなところです。

 

以上、ゲートウォッチの誓いプレビュー考察でした。参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

Comment

  1. 匿名 より:

    基本のパワーとタフネスなんで、果てしなきものをミミックでコピーすると0/0になる気がします。

  2. 匿名 より:

    >>1
    基本のパワーとタフネスになるのはミミックの変更後のパワー。
    コピーするのはそのクリーチャーのパワーとあるので
    果てしなきもののX/Xで出てくるのでは?

  3. 匿名 より:

    >>2
    なるほど確かに。早合点しました。

  4. 匿名 より:

    変位エルドラージは現環境の様々なカードとの相互作用が面白いですね。
    変身PWの変身を阻止したり、神聖なる月光で永久追放したり・・・

  5. 匿名 より:

    他に無色でマナレシオが高いのはウギンの構築物なんかですかね、欠色デッキならデメリット能力は無視出来そうだし

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑