【異界月スポイラー】新たな2種類の優良墓地肥やしカードと、終盤には4/6になる2マナのマナクリを考察

公開日: 新カード情報 このエントリーをはてなブックマークに追加

続々と公開中の異界月の新カード。

全体的に変身が使いやすいデザインになっていますね。

エルドラージも戦乱のゼンディカーの時より強くなってる印象です。

 

参考リンク:異界月公式スポイラー/カードギャラリー

 

今回も、現在までに公開されている「異界月」のコモンの性能をPauper目線で見ていきます。

SPONSORED LINK

Wailing Ghoul

wailingghoul

2マナ1/3で、場に出たときに墓地を2枚肥やすゾンビ。

 

似たようなカードとしては既に《屍術士の助手》や《蘇りし歓楽者》などがいますが、それらと比較すると「2ターン目にこれを出す⇒3ターン目に墓地を利用したアクションを取る」という動きを取りやすい点で優れています。

graves

 

相手の2/2を止めながら墓地に落ちた《名も無き転置》2枚を《グール呼びの詠唱》で回収したり、《グルマグのアンコウ》の着地を早めたりと、ゾンビデッキでいぶし銀的な活躍を見せてくれそうな1枚。

 

zombies

過去との取り組み

jp_pS4NZMSg9x

緑になったことで土地も回収できるようになった《屍体の攪拌》

 

土地も回収候補になったことで、2ターン目から唱えやすくなったのが最大の強化ポイントです。

デッキ内のクリーチャーと土地が合計47枚以上あれば、たとえ墓地が0枚でも99%以上の確率で何かを手札に加えられるようになります。

 

《神々との融和》と比較すると墓地を肥やせる枚数は少なくなったものの、土地が2枚で止まった時に便利なほか、墓地の《流砂》《敏捷なマングース》を再利用できるのが偉い。

nimble

Ulvenwald Captive

ulvenwald

2マナ1/2の防衛マナクリーチャー。

7マナ払うことで、防衛のない4/6のアタッカーへと変身します。

ブロッカーとして扱う分には、実質6マナで変身できるのが偉いですね。

 

序盤はマナクリ・終盤はフィニッシャーとして融通が利く代わりに、どちらとしてみてもやや力不足感のあるデザイン。

それでも、緑単ウルザトロンでなら序盤の《古きものの活性》《探検の地図》をサポートしつつ終盤は戦力として換算できる万能カードになるので、1~2枚あると良い仕事をしてくれると思います。

Comment

  1. 匿名 より:

    新しい狼男たち、月霧ででっかくなる!!と思ったら人間じゃないんですね・・・

  2. 匿名 より:

    満ちゆく月でワンチャンないかなー

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑