イクサランの相克フルスポイラーコモン考察 | MTG Pauperブログ"シミてく(゜-゜)"

イクサランの相克フルスポイラーコモン考察

公開日: 新カード情報

本日、イクサランの相克のフルスポイラーが公開されました。

 

イクサランの相克公式スポイラー/カードギャラリー

 

今回は、イクサランの相克で新たに収録されたコモンのうち、Pauper目線で気になったカードを考察していきます。

 

 

《短角獣の歩哨》:1マナ0/3の恐竜。

「①このクリーチャーが戦場にいる②パーマネントを10個以上コントロールしている」の2つを一度でも同時に満たせば、そのゲームの間はずっと3/3として使えるようになります。

一度都市の承認を得られれば、一通り除去された後でも2枚目以降の《短角獣の歩哨》も3/3として使えるのが嬉しいですね。

 

同じ1マナ3/3の《献身的な補充兵》と比較すると

①条件達成前からタフネスが3あるので火力耐性・ブロッカー性能が高い

②弱体化する心配がないので、安心して戦闘に参加させられる

の2点が優秀。

 

《スレイベンの検査官》《結束のカルトーシュ》《皮剥ぎの鞘》《カルニの庭》といった1マナ以下でパーマネントを2つ増やせるカードを多く採用すれば、3ターン目から3/3として殴りに行きやすくなります。

 

 

この辺りのカードを《コーの空漁師》で使い回すデッキに居場所がありそうです。

 

《献身的な補充兵》と一緒にサイボーグにいれても面白いですね。

 

 

《従者の献身》:+1/+1修整・絆魂付与、1/1絆魂トークン生成。

 

ライフレースを優位にできて布告除去にも強いので、白単ではたまに使われることもありそうです。

 

《船慣れ》:海賊に付けるとタフネスUp、それ以外に付けるとパワーDownさせる瞬速もちオーラ。

 

海賊を1種4枚でも採用できれば火力対策・バットリ・恒久的弱体化の3つの役割を持たせられるのですが、青には使いやすい海賊が少ないのが残念です。

 

 

《黄金都市の秘密》:昇殿の条件を達成していれば3マナ3ドローになるソーサリー。

昇殿をどれだけ狙えるのかがカギとなります。

 

青黒コンだとインスタントが多いせいで土地以外のパーマネントが並びにくく、昇殿が地味に難しそうです。

青には《綿密な分析》《蓄積した知識》もあるので、昇殿が安定しないなら無理にこのカードを使う必要はないのかもしれません。

 

とはいえ、3マナ3ドローの強さ自体は禁止になった《宝船の巡航》が証明済み。

2枚分のカードアドバンテージを取れる=「《物読み》を2回連打しているのと同じ」と考えると、昇殿時の強さがよく分かります。

 

 

《薄暮軍団の盲信者》:小型版の《ファイレクシアの憤怒鬼》

Pauperは2/2の価値がかなり高い一方で1/1の価値が低いので、特にシナジーがないなら素直に《ファイレクシアの憤怒鬼》を積んだ方が安定するでしょう。

 

ただ、Pauperにおいて黒の2マナ生物でここまでシンプルに使いやすいクリーチャーはおそらく初。

3マナ以降が渋滞しやすい黒単にとっては、貴重な2マナアクションを埋める優秀なクリーチャーです。

 

《貪欲なるネズミ》と違って終盤のめくり合いで強いですし、強力な1:1交換呪文の多い黒での1/1+ドローの強さは緑の《エルフの幻想家》の比ではありません。

これで引いたカードでひたすら1:1交換を繰り返して、こいつで20回殴れば勝ちですからね。

 

《屍肉喰らい》を軸にしたデッキの場合、2枚そろったときの強さは《スゥルタイの使者》の方が上ですが、こちらはCIPのドローによって《屍肉喰らい》や相性のいいカードを引ける可能性がある点で優秀。

 

《屍肉喰らい》デッキを使っているときに「肝心の《屍肉喰らい》を引けなくて困った」という経験のある方は、ぜひこちらも試してみてはいかがでしょうか。

 

 

《欲深い悪漢》:攻撃時のみ1マナ2/1として使える海賊。

タフネス1というのが気になりますが、1マナクリーチャーとしては及第点。

人間・海賊シナジーを活かせるなら使われることもありそうです。

 

《渇望の時》:1マナ重い代わりに2点ライフゲインが付いた《見栄え損ない》

 

Pauperは生物のサイズが全体的に小さいおかげで残りライフ1~2でこらえてコントロールしきれるケースが少なくありません。

そういう意味では、除去にライフゲインがついているのはかなり重宝するでしょう。

 

青黒コントロールで速攻アグロを意識するなら、ぜひサイドに積んでおきたいカードです。

 

 

《狂信的扇動者》:能力起動にタップが必要になった代わりに速攻が付いた《モグの狂信者》

 

「攻撃に対応して除去を使われると1点もダメージを与えられない」「攻撃してしまうと《呪文づまりのスプライト》への対策として機能しなくなる」点で劣りますが、《ジャッカルの使い魔》との相性の良さや「《モグの狂信者》より1点多くダメージを与えられるケースが多い」点で優れています。

 

とりあえず1~2ターン目に出して何回か殴り、《ボーラスの占い師》を出された後は2/2に殴らせて突破を支援する使い方が良さそうですね。

 

《エリマキ死吐き》:激昂で対戦相手に2点ダメージを飛ばす3マナ3/2。

何とかして破壊不能を与えた後に1点ダメージを連打して瞬殺を狙いたいところです。

 

1点ダメージ連打源として有力なのは、《乱射》《クラーク族のシャーマン》が挙げられます。

マナ加速の連打から《エリマキ死吐き》を召喚して破壊不能を与え、ストーム9の《乱射》を唱えれば勝ち。

 

禁止になってしまった《ぶどう弾》ストームと比べると弱点が多いですが、ストームの復権に貢献してくれるかもしれません。

 

 

《ティロナーリの冠》:エンチャントしたクリーチャーにダメージを与えてから強化するオーラ。

《よじれた実験》を彷彿とさせる性能です。

 

タフネス1の除去としても使える強化オーラといったところ。トランプルを与えるのが偉いですね。

 

《屈強な古参兵》:自分のターンのみ2マナ2/4になる人間。

 

《怨恨》との相性が抜群で、《稲妻》を気にせず張ることができますし、4/4トランプルになったら止めるのは一苦労。

まさに屈強な攻めを可能にしてくれるクリーチャーです。

 

相手のターンだと《稲妻》はおろか《炎の稲妻》でも除去されてしまうのが気になりますが、緑単ストンピィの2マナ候補の1つとして十分採用圏内に入ってくるクリーチャーです。

 

《翡翠をまとう者》:「他の」マーフォークに+1/+1カウンターを乗せる1マナ1/1。

構築級の1~2マナマーフォークがたくさんいないと使うのは難しそうです。

 

《ジャングル生まれの開拓者》:3マナ2/2+1/1呪禁。

 

呪禁クリーチャーが持つ

①単体でのカードパワーが低い

②布告除去には無力

という2大弱点を見事に克服した1枚です。

 

とりあえず単体でも3マナ3/3相当ですし「どちらをどれだけ強化するか・どちらを攻撃に回すか・布告に対してどちらを残すか」など、手札と相談しながら柔軟に戦略を切り替えていけるのが優秀です。

 

トークン生成カードの弱点であるバウンスに強いのも嬉しいですね。

 

 

《鬱蒼たるアルマサウルス》:激昂で1/1トークンを生成する恐竜。

5マナという重さに加えて激昂を支援するのは一苦労。

 

何点のダメージを与えても一度に1体しか出てこないので、扱いの難しいクリーチャーです。

 

《煌めく障壁》:タフネス4で相手の攻撃を止めつつ、仮に突破されても宝物の生成で後続を支援できる優秀な壁。

 

立ち上がりの遅いデッキの時間稼ぎとして使えそうです。

また、1枚でアーティファクト生け贄コスト2回分として使えるのも便利です。

 

 

《オラーズカの秘宝》:マナファクト。昇殿してから生け贄に捧げると3点ゲイン+1ドロー。

 

コントロールだと《清純のタリスマン》がライバル。

場合によっては10点以上ライフ回復してくれる《清純のタリスマン》の超えるには、1ドローをどこまで活かせるかがカギ。

 

期待しているカード

《短角獣の歩哨》⇒5ターン目以降に1マナ3/3になってもあまりうれしくない。3~4ターン目に都市の承認を得られる確率をどこまで高められるか次第

《薄暮軍団の盲信者》⇒黒の使いやすい2マナアクションは貴重。1/1の弱さをどこまで構築でカバーできるか

《渇望の時》・《狂信的扇動者》⇒いつも見かける定番カードではないが、メタ次第で見かけることも多いかと

 

一番期待しているのは《ジャングル生まれの開拓者》。単体でのカードパワーの高さ・オーラと組み合わせたときの戦略性の高さを評価してます。ただ、今あるストンピィや呪禁オーラでは3マナという重さが少々気になるので、新たな構成での活躍に期待。

 

Comment

  1. 匿名 より:

    例示するカード名や数値が具体的で読み応えを感じました

    ファリカの療法などが稀に使われることを考えると、上位互換と言える渇望の時には可能性を感じます。白黒ペストなんかに合いそうです

  2. 名無し より:

    毎度ながら素早くて緻密な特集記事がありがたいです。

    《エリマキ死吐き》は、《罪の意識》をつけて破壊不能を与えると無限コンボですね。《太陽冠のハンター》でも可能でしたが……。

    昇殿ドローと2マナ1/1は使ってみたいカードです。

    • ganp より:

      >>匿名さん
      渇望の時は使いやすそうですよねー。ペスト起動までの時間稼ぎとしてはピッタリだと思います。

      >>名無しさん
      罪の意識は思いつきませんでした・・・。
      なんにしても、エリマキ死吐きコンボはいろいろ試してみたいですね

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑