モダンマスターズでコモン落ちしたカード

公開日: 新カード情報

モダンマスターズは、「スタンダードに参入させるには強力すぎるカード」を再録させる事を目的とした特殊セットです。

特殊セットのためスタンダードでは使えませんが、Magic Online上でも発売されるためそれに収録されたコモンはPauperで使用可能となります。

MMs

再録である事から、基本的には「モダンで活躍するほど強いカードが手に入りやすくなる」くらいの話なのですが、「今までアンコモンだったカードがコモンとして収録される」いわゆるコモン落ちが存在するため、Pauper目線ではかなり重要な存在です。

今回は、2013年に発売されたモダンマスターズでコモン落ちになったカードを見ていきます。

SPONSORED LINK

モダンマスターズでコモン落ちになったカード

《信仰の試練》《静寂の捕縛》

 MMw
《静寂の捕縛》はpost禁止前にレベルがよく使っていましたね。

《来世への旅》《危険な研究》

MMp
《危険な研究》により、親和が大量ドローデッキへと変化しました。

《洞察力の花弁》《思考の鈍化》

MMus

 《吸命》《巣穴の運命支配》

MMbs

 《通りの悪霊》 《ハンマーハイムの落とし屋》

MMhs
そういえば、The Spyが話題になったのもモダンマスターズが出て少し経ってからでしたっけ。

《踏み潰し》《腐れ蔦の外套》

MMms
発掘は強い。

《花の神》《木立を歩むもの》

MMgs
《花の神》+《魂無き蘇生》の秘儀ループデッキは面白かった。

《放漫トカゲ》《電結の放浪者》

MMfs

Comment

  1. 匿名 より:

    単色環境だし青を含まない強力な多色カードにコモン落ちしていただきたい

  2. 通りすがりの赤好き より:

    古代の聖塔のようなテンポを損なわず5色出せる土地がコモン落ちすれば多色デッキが増えるかもね

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑