【魂剥ぎで呪禁!速攻!】運命再編プレビュー考察【囁きの森の精霊の底力】

公開日: 新カード情報, スタンダード記事

運命再編の新カード、続々と公開されていきますね。 運命再編公式スポイラー/カードギャラリー

なんだか運命再編は強いカードが多い感じがしませんか? 新デッキ構想が捗りますね!

今回は、現在公開されている「運命再編」のカードと相性の良いカードについて書いていきます。

運命再編プレビュー考察その2 その3

sasayakimoris
<コモンが大量公開されるまではスタンダード目線>

魂剥ぎ

souls
6マナ4/4探査で、自身の探査によって追放したクリーチャーが持つ特定のキーワード能力を引き継ぐフィニッシャー。防衛は引き継がないので安心。

死んだ者たちの怨念で軽く・強くなるというのは、RPGの裏ボスにいそうなデザインです。

grave
《魂剥ぎ》の探査を活かすのであれば、やはり《サテュロスの道探し》は欠かせません。

ただ《魂剥ぎ》は主にクリーチャーを追放するカードなため、墓地にクリーチャーが貯まりにくく、リアニメイト戦略との相性は微妙です。

であれば、《エレボスの鞭》入りデッキにはない強み、例えば「素早く相手を殺す」性能を重視してデッキを考えたいところ。

それを考えると、新カードの《炎跡のフェニックス》と組むのも強そうです。

フェニックスを追放して飛行速攻を得るのも強力ですし、逆に追放せずに獰猛を達成させてフェニックスを場に戻す動きができるのも優秀ですね。

perfects
<理想は3ターン目に4/4飛行速攻破壊不能呪禁で殴る>

囁きの森の精霊

sasayakimoris
自分の各ターンの終わりに予示するクリーチャー。
出してすぐ除去されなければとりあえず5マナ4/4 + 2/2と、中々の性能です。

次々に2/2を生んでいくだけでなく、2つ目の能力のおかげで全体除去にも耐性があるのが強力。

単体で見た性能は、毎ターン4/4を生んでいく《世界を目覚めさせる者、ニッサ》に一歩劣る印象ですが、優秀なクリーチャーを多く採用すればするほど「予示」の性能が飛躍的にアップするため、構築次第で大化けする1枚です。

morphs
このカードと相性が良いのは、《頭巾被りのハイドラ》《真珠の達人》

これら2枚は「表向きになった時に誘発する能力」を持つ分、変異コストがマナコストより重めに設定されており、「マナコストを支払うだけで表向きに出来る」予示との相性が抜群です。

ハイドラの場合は、余った2マナで表向きにして「全体除去を打たれても1/1を5体+2/2を1体生んで、すぐリカバーできる」
真珠の達人の場合は、毎ターンクリーチャーが並んでいく効果と全体強化の相性が良い

点も見逃せません。

どれも性能は高めなので「予示できたら嬉しいなー」程度の感覚で組み合わせても、十分に活躍してくれそうです。

 

沈黙の大嵐、シュー・ユン

shuyuns
3マナ3/2果敢に加え、非生物呪文を唱えた時にマナを払うと二段攻撃を与えるクリーチャー。

自分も能力の対象にできるので、適当な呪文を唱えればいきなり8点クロックになる恐ろしいカードです。

targetshus
このカードは非生物呪文さえあれば8点クロックで攻める事ができるので、《神々の思し召し》で除去を避けたり攻撃を通したりするだけでも十分に強力です。

ただ、シュー・ユンに特化したデッキを組むのであれば、3色にはなりますが《強大化》も採用したい。

2枚のカードでいきなり10×2=20点ダメージを叩き出せますし、《威名の英雄》も入れて二段攻撃瞬殺デッキなんてのも面白そうです。

他の考察記事

FRFプレビュー考察その2:謙虚な離反者の使い方など

FRFプレビュー考察その3:先祖の結集コンボなど

以上、運命再編プレビュー考察その1でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 匿名 より:

    シュー・ユンは構築になりますがブロックされなかったところを汚れた一撃で感染つけて二段攻撃発動させてみたいです。まさにワンパンマン

  2. 名無し より:

    ケルゥの呪文奪いも4マナでおもてがえせるようになるしやってみたいなぁ

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑