スタンダード記事

『僧院の包囲はタッサより強い』

スタンダードの青信心(タッチ黒)調整録の続き。

enchants
カン・龍ともに優秀な性能を持ち、なにより3マナという軽さが強みの新カード《僧院の包囲》

青信心ではタッサという先約がおり、役割の似たこれらを同時採用するのは難しいということで採用を見送っていました。

しかし先日。
試しに包囲を1枚採用したら、これが滅茶苦茶強かった。

今回は、「包囲が強すぎて瞬く間にタッサが抜けていった」お話をしていきます。

①ルーターと占術1は天地の差だった

devotions
今の青信心は、《雲変化》+《水晶オウムガイ》授与による6/6呪禁飛行と《波使い》による高打点への依存度が高いデッキ。

事実、「波使いを1ターン早く引けるか」「波使いを2枚以上引けるか」は勝敗に大きな影響を与えています。

ルーターと占術1。

使う前は「デッキトップが不要なカードだった場合は掘れる速度が同じだから、ルーターの方がちょっと強いくらいかな」という印象でしたが、実際に使ってみるとこれが全然違いました。

デッキトップが「《沼》《島》《残忍な切断》《波使い》」

タッサだと波使いに到達するまで大抵3ターンかかりますが、《僧院の包囲》なら2ターンで除去をうちつつ《波使い》を展開できます。

デッキトップが「《霜歩き》《島》《島》《波使い》」

タッサだと《霜歩き》を下に送るべきか凄く悩む上に1ターンは土地ドローに甘んじる必要がありますが、《僧院の包囲》なら毎ターンクリーチャーを展開できます。

《霜歩き》がすぐに5/2になって《包囲サイ》を突破できるのも大きなポイント。

このようにタッサを《僧院の包囲》に変えた事でドローの質が一気にあがり、今までよりワンテンポ早い攻めが可能になっています。

②探査との相性が抜群

Udelves
《ジェスカイの隆盛》で知られる通り、ルーター効果と探査の相性は抜群。

このデッキも青黒というカラーリング上、強力な探査呪文を複数採用する事が出来ます。

墓地がガンガン肥えるようになったおかげで、《残忍な切断》4枚に加え《宝船の巡航》まで採用しても探査コストに困るケースは減っています。

《波使い》を展開しながら余った1マナでブロッカーを除去できるケースが増え、テンポ面でも優位に動けるようになりました。

③たまに使う龍モードも強い

blue2manas
《僧院の包囲》はタッサと違って非クリーチャー呪文のため、果敢を誘発させることができます。

デッキ内の非クリーチャー呪文率の向上とルーター効果のおかげで果敢が使いやすくなったことで、《ジェスカイの賢者》が採用候補に。

基本的には2マナ2/2死亡時1ドローとして、序盤の攻防を乗り切りつつ《波使い》へ1歩近づくのに貢献してくれています。

また、現在は7割以上カンモードを選んでいますが、たまに使う龍モードもやはり優秀。

1ターン目の《思考囲い》で重い単体除去ばかりが見えたら、龍モードから《霜歩き》や《水晶オウムガイ》を大暴れさせてやりましょう!

④現状、タッサはオーバーキル?

確かに、タッサは顕現するとすごく強いのですが、信心が足りていない現在の青では滅多に顕現してくれません。

顕現してくれた時は大体盤面が有利なので、ややオーバーキル感があります。

デッキ内に「対象になれば生け贄」生物が多く、回避能力効果が使いにくい点も大きな要因。

現環境のタッサはほぼ「占術1する置物」化しているせいで、大抵『タッサより包囲の方が強い』と感じてしまいますね。

デッキリスト


11:《島/Island》
4:《沼/Swamp》
4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
3:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
1:《溢れかえる岸辺/Flooded Strand》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
-Lands(24)-

2:《思考囲い/Thoughtseize》
4:《雲変化/Cloudform》
3:《僧院の包囲/Monastery Siege》
2:《タッサの二叉槍/Bident of Thassa》
4:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
-Other Spells(16)-

4:《霜歩き/Frost Walker》
2:《蒸気の精/Vaporkin》
3:《ジェスカイの賢者/Jeskai Sage》
3:《霜のオオヤマネコ/Frost Lynx》
4:《水晶オウムガイ/Crystalline Nautilus》
4:《波使い/Master of Waves》
-Creatures(20)-

1:《反論/Gainsay》
3:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《解消/Dissolve》
2:《否認/Negate》
1:《変身術士の戯れ/Polymorphist’s Jest》
1:《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx》
3:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《ジョルベイの闇潜み/Jorubai Murk Lurker》
1:《宝船の巡航/Treasure Cruise》
-Sideboard(15)-

 

以上を踏まえたうえでの、現在の青信心タッチ黒のリスト。

《僧院の包囲》は複数張っても強いですし、複数張る必要がないなら捨ててしまえば良いので、3枚採用しています。

初手に《僧院の包囲》があると、安心してキープできるのが偉い。

vsグルール

 

vsジェスカイトークン

 

2マナダブシンの高機能クリーチャーが来るまでは…

現在、青の2マナダブルシンボルにまともなクリーチャーは存在しません

今後《凍結燃焼の奇魔》のような使い勝手の良い2マナダブルシンボルクリーチャーが来るまでは、とりあえず《僧院の包囲》の方が使いやすいかと思います。

テーロスがスタン落ちするまでに、タッサを使いこなせるようなクリーチャーが来てくれればいいのですが。

以上、『僧院の包囲はタッサより強い』でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

POSTED COMMENT

  1. アバター 海老焼売 より:

    タッサの代わりに青包囲は考えてませんでした
    青黒ならばサイドにシルムガルを仕込んでみたいですがスフィンクスの方が都合いいんですかね?

    • アバター Ganp より:

      シルムガルのほうが良い気がします。雲変化と並んだ時に命運の核心で一掃されないのが良いですね。

  2. アバター 通りすがりの赤好き より:

    似たような動きをするカードだと、クルフィックスの指図では相手にもカードを引かれ、パクトジェイスでは1マナ重い上にカードを引けるわけではないって所で包囲に変わるカードでは無いかな。

  3. アバター 匿名 より:

    確かにこの当時は自分も信心使ってましたがタッサピンか2枚ぐらいがちょうど良かったです(メイン1枚、サイドに1枚がベストでした。信心稼げそうな相手ならもう一枚増やす感じでした)
    まず信心がそもそもたまらないって言うのも有りますがそれと同時に占術さえしていれば2枚目を引く事は基本的にないですがそれでも出す前に引いてしまうとほぼ確実に腐りますが包囲は腐らないって言うのも強みでしたね。
    それに自分も黒以外はこのレシピとほぼ同じでしたがタッサのアンブロ効果が先ず使いたい奴には使えないって言うのがホントにキツかったです。
    霜歩き、オウムガイも雲変化と相性が良いので採用していましたがタッサの効果で対象にしたら自滅してしまうのがね(^^;

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。