【挑発する大臣、シディシ】タルキール龍紀伝プレビュー考察【失われた業の巫師】

公開日: 新カード情報, スタンダード記事

タルキール龍紀伝の新カードが続々と公開中。

タルキール龍紀伝公式スポイラー/カードギャラリー

龍紀伝というだけあって、現在公開されているレアの多くがドラゴンです。

今回は、現在公開されている「タルキール龍紀伝」のカードと相性の良いカードについて書いていきます。

タルキール龍紀伝プレビュー考察その2  その3

sidisis
<コモンが大量公開されるまではスタンダード目線>

狩りの先駆け

huntds
5マナ5/3飛行の赤緑ドラゴン。

3マナ起動で「飛行を持たないクリーチャーへの全体火力」と「飛行を持つクリーチャーへの全体火力」の2つの能力を所持しています。

 

「地上を向いて火を吐くか、空を向いて火を吐くか」といったデザインでしょうか。

除去耐性が無い点が気になりますが、6マナあれば《ゴブリンの熟練扇動者》や《女王スズメバチ》を一掃できるのが評価できます。

nyleasies
このカードと相性が良いのは、《ナイレアの弓》

《狩りの先駆け》に接死をつけたタイミングで全体火力を打てば、地上(または飛行もち)のクリーチャーへの全体除去に様変わり

自身には火力が飛ばないおかげで、空だろうと地上だろうと無双状態になります。

 

また、《開拓地の包囲》とも相性がよく、4ターン目に包囲を張った次のターンに《狩りの先駆け》を召喚+能力起動が可能に。

毎ターン全体火力をガンガン打ちつつ、《ナイレアの弓》の能力を起動していく事もできますね。

アンデッドの大臣、シディシ

sidisis
ゾンビ使いのはずが、自分もゾンビになってしまった新シディシ

5マナ4/6接死で、濫用時にライブラリーから好きなカードを1枚手札に加えます。

 

これ自身を生け贄にしてしまうと5マナの《魔性の教示者》になってしまうので、できればトークンなどを生け贄に回したいところ。

本体のスペックも中々に優秀なので、適当に強い呪文をもってくるだけでも十分強力です。

blockeds
このカードと相性が良いのは、《挑発の咆哮》・《気高き獲物》といった《寄せ餌》系カード。

俗にいう寄せ餌バジリスクコンボにより、相手クリーチャーを一掃することができます。

 

《挑発の咆哮》なら獰猛も達成するため、破壊不能までついてきます。

 

本来、この手のコンボは《気高き獲物》らの単体での弱さから構築では敬遠されがち。

しかし、シディシは自身の効果で《挑発の咆哮》・《気高き獲物》をもってくることができるため、デッキに1枚(もしくはサイドに1枚)積むだけで良いのが魅力的です。

失われた業の巫師

hushis
3マナ2/3、クリーチャーにのみ使える好きな組み合わせの色マナを2点も加えるマナクリ。

圧倒時に11マナで、「各プレイヤーのライフの総数をそれぞれがコントロールしている生物の数にする」というトンデモない能力を持っています。

相手がクリーチャーを1体もコントロールしていなければ即死、そうでなくても2~3体程度なら総攻撃すれば勝ててしまいそうです。

nykthos
このカードを使うなら、やはり《ニクスの祭殿、ニクソス》を入れた緑単信心

マナ能力のおかげでニクソスが引けない時の重いクリーチャーへのアクセスも楽になりますし、ニクソスと一緒に引ければもの凄い勢いで信心が溜まっていきます。

 

1枚挿しておけば、膠着状態でも《召喚の調べ》から返しに即起動で勝負を決めに行けるので、同系戦で重宝するのではないでしょうか。

他の考察記事

DTKプレビュー考察その2:卓絶のナーセットと相性の良い呪文、など

DTKプレビュー考察その3:棲み家の防御者で大変異ループ、など

 

以上、タルキール龍紀伝プレビュー考察でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑