タルキール龍紀伝フルスポイラーコモン考察【白・青】

公開日: 新カード情報

タルキール龍紀伝のフルスポイラーが公開され、新コモンも勢ぞろいしました。

タルキール龍紀伝公式スポイラー/カードギャラリー

今回は、白と青のコモンをPauper目線で見ていきます。

白・青の注目カードは、この2枚。

dtkwus
《巧みな機動》:2マナで+2/+2反復インスタント。

果敢《アクロスの空護衛》との相性が非常によく、単純に白の2マナで4点ダメージ源となるインスタントはコモン初。

クロック速度が低いのが欠点だった白単ウィニーで、新たなアプローチを可能にする1枚です。

 

《神出鬼没の呪拳士》:非生物呪文を唱えるとそのターン「+1/+0修整とブロックされない」を得る2マナ1/3。

《定業》など優良ドローの多い青なら、大体2マナ2/3ブロックされないとして活躍してくれます。

《天主の勢力》との相性が良いので、《川滝のミミック》とともに青単アンブロを組んでみるのも面白そうです。

白:全19種

dtkw1s
《砂造形の魔道士》:3マナ2/2、場に出たとき鼓舞1。

鼓舞カードの中では最も使いやすく、+1/+1カウンターシナジーのあるデッキで使ってみたい性能です。

 

《魂の基点》:コモンになって1マナ重くなった《無傷の発現》

《巧みな機動》と同じく反復であることを上手く利用したいところですが、プロテクションは構えて使うのが基本な分、使い勝手はやや劣ります。

dtkw2s
《まばゆい神盾》:ブロッカーをどかしつつ+1/+3修整を与える1マナのオーラ。

《聖なる力》から考えると、かなり高い性能になっています。

いぶし銀的な活躍をするタイプのカードなので、1枚挿して《ヘリオッドの巡礼者》から持ってきたいカードです。

 

《ドロモカの伝令》:2マナ2/2警戒、他の戦士にも警戒を付与します。

現在、優秀な白のクリーチャーは戦士よりも兵士に固まっているので、今後の戦士に期待。

dtkw3s
《補給》:6マナで6点回復しつつ1ドロー。

《オジュタイの学徒》:4マナ2/4で、非生物呪文を唱えるたびに2点回復します。

どちらもウルザトロンでの追加の回復手段として一考。

 

《補給》の方は流石に重すぎる感がありますが、《オジュタイの学徒》は《ファングレンの匪賊》では間に合わないケースでもマナフィルター連打で延命しやすいのが優秀です。

 

トロンが揃っていない時でもギリギリ出せる重さなので、デッキの安定性を高めてくれそうですね。

青:全19種

dtku1s
《グルマグの溺れさせるもの》:4マナ2/4、濫用時にデッキの上から4枚見て1枚を手札に加え、残りを墓地に。

 手札を補強しつつ墓地が肥えるのは嬉しいのですが、《海門の神官》《熟考漂い》の壁は厚い。

 

《シディシの信者》:1マナ0/4、濫用時に対象のクリーチャーを手札に戻します。

強いカードではありませんが、小回りの利く面白いカードですね。

1マナでバウンスできるクリーチャーカードである事、陰鬱を達成できる事を活かしたいところ。

dtku2s
《オジュタイの息吹》:《霜のブレス》の亜種。1体限定になった分、反復で2回に分けて使えます。

反復呪文とはいえ、流石に構築は厳しそう。

 

《オジュタイの召喚》:5マナで2/2飛行を出す反復ソーサリー。

「単体除去耐性がある実質5マナ4/4飛行」とスペックは高いので、青い中速デッキで1枚採用を検討したい。

dtku3
《上昇気流の精霊》:3マナ1/4飛行。

ものすごく地味ですが①デメリットなし②フェアリーを討ち取れる③デルバーを止められる、を全て満たす3マナ飛行はコモン初。

これが使われるとは考えにくいですが、フレンチバニラコモンの水準も上がってきた感じがしますね。

 

《微風の写字官》:3マナ2/1。手札交換能力とアンタップ能力を持ちます。

非生物呪文を唱えたときにアンタップするので、無限コンボのおともに。

他のDTKコモン記事

DTKフルスポイラーコモン考察【黒・赤】

DTKフルスポイラーコモン考察【緑・総括】

 

以上、タルキール龍紀伝フルスポイラーコモン考察【白・青】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 匿名 より:

    いつも興味深く記事を拝見しております。

    濫用については、ろくな生け贄エンジンが無くて使いづらかったマイアの苦役者と一緒にいい仕事をしてくれそうで期待しています。新しい形の拷問生活デッキが組めそうです。

    微風の写字官は、ミラディン人のスパイデッキのアンタップパーツがさらに増えて12枚体制に・・・? クラスターデッキとして本格的に活躍する日が来るかもしれませんね。

  2. 匿名 より:

    《ファングレンの匪賊/Fangren Marauder》のリンクが《ヘリオッドの巡礼者/Heliod’s Pilgrim》のものになっています。

    《微風の写字官》《蜘蛛糸の網》《撤回のらせん》で、「スタンダードのコモンのみ」で無限ループを形成できます。(プチジェスカイの隆盛コンボですね)果敢で無限パンプが可能なのでスタンpauperをするようなことがあれば組めるかもしれませんね。

  3. 匿名 より:

    微風の写字官は撤回のらせんと0マナ置物で無限果敢ができますね

  4. Ganp より:

    リンクミス報告ありがとうございます!修正しました

    撤回のらせんコンボは鉄板ですね
    写字官はルーター能力でパーツ探しもできるのが嬉しい

  5. 匿名 より:

    【否定/Contradict】 は【放逐/Dismiss】の下位互換では・・・?

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑