雑記

【MTG禁止制限告知】アーカムの天測儀がPauperで使用禁止に

本日10/22、禁止制限告知が発表され、Pauperにおいて《アーカムの天測儀》が禁止カードに指定される事となりました。

 

参考リンク:2019年10月21日 禁止制限告知

本日より、《アーカムの天測儀》はPauperで使用できなくなります。

 

「いつかは禁止になるだろう」と噂されていましたが、前回の禁止改訂ではまったく言及がない状態からの禁止。

今回はスタンダードだけでの禁止改訂とばかり考えていたので、この段階での《アーカムの天測儀》の禁止発表には驚かされました。

 

流浪のドレイクのときと比べて、公式のPauper環境の注視具合が強まっていることを感じます。

 

 

とりあえず《きらめく鷹》・《コーの空漁師》を軸にしたデッキや3色以上のデッキの弱体化は避けられません。

《アーカムの天測儀》がないとPauperの色基盤はまだまだ弱いので、従来の「単色」「青軸の2色」が中心の環境に戻ることが予想されます。

 

個人的にはまた青赤氷雪フェアリーと戦えるようになれば嬉しいなと思います。