新カード情報

運命再編フルスポイラーコモン考察【白・青】

運命再編のフルスポイラーが公開され、コモンも出そろいました。
運命再編公式スポイラー/カードギャラリー

今回は、白と青のコモンをPauper目線で見ていきます。

白・青の注目カードは、この2枚。

frfWUs
《砂草原ののけ者》は、3マナで基本「2/1 + 1/1飛行」、「3/2」にもなれるクリーチャー。

《従者つきの騎士》と比較しても飛行トークンが使いやすく、本体とトークンどちらを除去されても1マナ相当のクリーチャーが残るのが優秀です。

《クォムバッジの魔女》戦ではタップ状態などの隙を狙って召喚し、3/2になりましょう。

《ナーガの意志》は、4枚探査すればたった2マナで2体のクリーチャーを最大2ターン拘束できるインスタント。テンポに特化したデッキでの疑似除去として重宝します。

《宝船の巡航》や腐る相手の存在を考えるとメインは難しいですが、親和・スリヴァー・ドメインZooといった「サイズの大きいクリーチャーを多用するデッキ」を広く見れる優良サイドです。

frfw1a
《アブザンの優位》:2マナで鼓舞1付きのエンチャント布告。

《怨恨》を生け贄にされると効果が低く、やや使い勝手の難しいカードです。

+1/+1カウンターをうまく活用できるデッキなら、エンチャント対策を薄く見ながらの「2マナ鼓舞1呪文」として1枚採用できますね。

 

《アブザンの飛空隊長》:4マナ2/2飛行、死亡時に鼓舞2を行うクリーチャー。

重さの割に2/2飛行とそこまで脅威ではないので、他を処理されてから最後に処理されてしまい、鼓舞が機能しない恐れがあります。

鼓舞はリミテッドでも性能の高い効果なためか、控えめに調整されている印象です。

frfw2s
《龍鐘の僧兵》:3マナ2/2・警戒・果敢クリーチャー。

軽いインスタントの多いデッキなら、攻防に渡って活躍してくれそうな性能の高さです。

《狩りの興奮》と組んで、4/5警戒として動けるようになると戦いやすい

 

《魂の召喚》:2マナで1枚予示するソーサリー。

予示はとりあえず2マナ2/2として使いつつ、「軸となるクリーチャーへのアクセスを1ターン早める」のに使うのが基本となりそうです。

果敢持ち・優秀なクリーチャー・墓地でも機能する呪文を多く採用し、単なる2マナ2/2では終わらない確率を上げておきたいところ。

frfu1s
《強化された知覚》:3枚引いて、1枚捨てるインスタント。

5マナは重いですが、3枚引けるインスタントは珍しいため、打ち消しを構えるタイプのウルザトロンの動きと噛み合います。

《宝船の巡航》を3マナ以上で打つことが多いなら、こちらの採用も検討してみたい。

 

《ジェスカイの賢者》:2マナ1/1果敢・死亡時に1枚カードを引かせてくれるクリーチャー。

呪文を唱えてアタッカーとして使ってもよし、無限コンボに組み込んでもよし、チャンプブロックしてもよしの三拍子。

色んなデッキで候補に上がりそうなクリーチャーです。

frfu2s
《蓮道のジン》:4マナ2/3・飛行・果敢クリーチャー。

果敢1回でデルバーを一方的に討ち取り、2回で《尖塔のゴーレム》も討ち取ります。

もう1マナ上に《熟考漂い》がいるのが懸念材料。何とかして死ににくい構成を作りたいところ。

 

《実在への書き込み》:3マナで、上から2枚のうち好きな方を予示できるソーサリー。

予示を利用したコンボデッキなら、《渦まく知識》と組んで目的のカードを予示しつつ無駄牌を処理できるのが偉い。

《ゴブリンの電術師》《陽景学院の使い魔》などと一緒に使いたいですね。

他のFRFコモン記事

運命再編フルスポイラーコモン考察【緑・多色】

運命再編フルスポイラーコモン考察【黒・赤】

 

今回の果敢は全体的に使いやすそう。予示がどのくらい使えるのかにも注目です。

以上、運命再編フルスポイラーコモン考察【白・青】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。