新カード情報

ゲートウォッチの誓いフルスポイラーコモン考察【黒・赤】

今回も、ゲートウォッチの誓いの新コモンをPauper目線で見ていきます。

ゲートウォッチの誓い公式スポイラー/カードギャラリー

 

黒・赤の注目カードは、この2枚。

ogwBRs

《屍体の攪拌》:ライブラリートップから3枚を墓地に落としたのち、墓地のクリーチャーカードを1枚回収するインスタント。黒版の《思考掃き》といったところ。

 

①クリーチャーのサーチ②3枚分墓地肥やし③墓地のクリーチャー再利用として使える便利なカード。特定のクリーチャーへの依存度が高いデッキや墓地利用デッキでかなり重宝します。

 

対象を取らないので、《大祖始の遺産》を使われてもクリーチャーサーチにはなる点も高評価。

墓地のアンコウを回収するために唱える→相手が対応で大祖始の遺産起動→遺産解決後に《煙霧吐き》生け贄→《屍体の攪拌》解決で煙霧吐き回収、なんてパターンも。

 

《グルマグのアンコウ》はもちろん、《アンデッドの召使い》《奈落の守り手》とも相性は抜群。黒単で墓地利用を軸とするデッキでは必須カードになってくるのではないでしょうか。

 

《ゴブリンの自在駆け》:4マナ3/2威迫のゴブリン・同盟者。怒涛コストは2マナ。

 

2マナ3/2威迫は文句なしに強いですが、それは2ターン目に出せたり4マナから2体出せる可能性がある場合の話。

大抵の1マナ除去で1:1交換されてしまうだけに、0マナのカードが少ないデッキではやや使いにくそうです。

 

とりあえず《ギタクシア派の調査》《魔力変》を合計8枚入れて、1マナのクリーチャーもそれなりに積めばかなり使いやすくなりますが、これだけのためにそこまですべきなのかは難しいところ。

逆に《ギタクシア派の調査》《魔力変》を活かすために《窯の悪鬼》らを採用すると、今度は1マナのクリーチャーが積みにくくなり、これまた難しい。

コモンに1マナ1/1果敢さえ来れば一気に化けるクリーチャーだと思います。

 

現状で思いつく使い方としては「①バーンのサイドに入れて、相手が除去を抜いたサイド後に威迫を活かして6点・9点とライフを削る」、「②ギタクシア派の調査・魔力変を活かすために黒をタッチして《グルマグのアンコウ》を採用し、一緒になぐる」が挙げられます。

 

ogwB1s

《コジレックの叫び手》:3マナ3/2の欠色エルドラージ。無色マナを払うとそのターン+1/+0修整と威迫を得ます。

 

ウルザランドを3種そろえて7マナ出すと10/2威迫になり、2回殴ればゲームが終わります。

ウルザランドが大量に並べば一撃で勝負を決めることもできますし、これを活かしたデッキを組んでみたくなる性能です。

 

《コジレックの組み換え》:5マナ3/5欠色。1ターンに1度だけ、1点のライフを払う事で無色マナを生み出すことができます。

 

《古きものの活性》でサーチ出来て、《炎の斬りつけ》《感電破》を耐えるタフネス5のマナクリ。

 

ogwB2s

《忘却の一撃》:4マナ欠色ソーサリーで、確定追放除去。

《古きものの活性》でサーチ出来る除去としては、中々に優秀な性能です。

 

《グルマグのアンコウ》を除去したり「ウィーゼロックスの生物を《払拭》+《使徒の祝福》があろうと確実に除去する」ためにウルザトロンで採用されることもありそうです。

 

《異常な忍耐》:1マナで+2/+0修整と再生。

ライフ損失が無くなった《エレボスの加護》。ほぼ上位互換と言って良いでしょう。

 

欠色は《闇の旋動》のコストにはできない代わりに、《使徒の祝福》で黒を選んでも立ち消えしないという違いがあります。

 

黒の1マナコンバットトリックとしてはかなり優秀ですが、黒には英雄的や果敢のようなバットリを活かせるクリーチャーが不足しているのが懸念材料です。

 

ogwB3s

《空の探索者》:2マナ1/2欠色飛行。無色の呪文を唱えるたびに、そのターン+1/+0修整を受けます。

お膳立てして2/2飛行では不満。できれば3/2飛行~4/2飛行を狙いたいところです。

 

《霞の悪鬼》と一緒に《彩色の星》を連打して殴る灰色(?)アグロを組むか、欠色アグロを組むか。

 

《殺戮ドローン》:2マナ2/2欠色。無色マナで接死を得ます。

 

悪くはないけど、良くもない。

 

ogwR1s

《破壊的陥没孔》:4マナ4点本体火力。

 

「土地またはクリーチャー」ではなく、「土地でもあるクリーチャー」です。無念。

 

《コジレックの大口》:4マナ2/5欠色。無色マナで+2/-2修整。

 

《古きものの活性》でサーチ出来るタフネス5で、単体で最大6点パンチ。

 

ogwR2s

《アクームの炎探し》:3マナ3/2の同盟者。盟友+カードを1枚捨てると1ドロー。

 

盟友はおまけ。

 

《ザダの猛士》:2マナ2/1先制攻撃の同盟者ゴブリン。盟友で相手に1点ダメージ。

 

デメリットのない2マナ2/1先制攻撃はコモン初。しかもゴブリンです。

 

盟友も、《尖塔のゴーレム》で止まってしまったときに残り数点を削るのに役に立つこともあるでしょう。

 

ogwR3s

《凶暴な力》:2マナ+3/+1修整とトランプルを与えるインスタント。

最近は赤のトランプルが増えてきて嬉しい限りです。

 

赤単英雄的では、《ティムールの激闘》よりこちらの方が強いことも多いでしょう。

 

《溶滓のへリオン》:5マナ4/4トランプル。場に出た時に相手に2点。

 

コモンの5マナも大分性能が上がってきましたが、もう一声ほしい。

 

ogwR4s

《促進》:1マナで速攻を与えるキャントリップインスタント。

《たなびく真紅》とほぼ同じです。

 

《サテュロスの重装歩兵》《魔道士輪の暴漢》にとっては速攻付与に加えコンバットトリックにもなるので、《たなびく真紅》と共に8枚体制をとれるのは嬉しい。

 

《火花魔道士の計略》:最大2体に1点ダメージ+ブロック不可。

 

基本は《電謀》や《双雷弾》より弱いですが、ブロック不可は地味に偉い。

英雄的デッキならメインからの採用も考えられます。

他のOGWコモン記事

OGWフルスポイラーコモン考察【白・青】

OGWフルスポイラーコモン考察【緑・他】

 

以上、ゲートウォッチの誓いフルスポイラーコモン考察【黒・赤】でした。参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

POSTED COMMENT

  1. アバター 紅樹 より:

    火花魔道士の計略は双雷弾と比べて相手のタフ2を焼けない分逆にタフ3以上にはブロック不可をつけて無理やり突破できそうなところが面白そうですね

  2. アバター 紅樹 より:

    あとすいません、荒々しい渇望も新録では?

    • アバター Ganp より:

      新録ですね。あと終末の目撃・タールの罠・吸血鬼の特使・ズーラポートの鎖魔道士も新録です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。