輪作/Crop Rotation【Pauperカード個別考察】

公開日: pauperカード個別考察 このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回は、《輪作》についてです。

croprotations

Crop Rotation / 輪作 (緑)
インスタント

輪作を唱えるための追加コストとして、土地を1つ生け贄に捧げる。
あなたのライブラリーから土地カードを1枚探し、そのカードを戦場に出す。その後あなたのライブラリーを切り直す。

SPONSORED LINK

基本情報

土地を1つ生け贄にして、任意の土地カードを戦場に持ってくるインスタント。

一見アドバンテージを失うだけのカードですが、たった1マナで特定の強力な土地を戦場に出せるのが強み。

 

《トレイリアのアカデミー》等のぶっ壊れた性能の土地が存在するヴィンテージでは制限カードに指定された事もある(2009年制限解除)ほどの強さを誇りますが、Pauperでは比較的落ち着いており、良調整のカードです。

cloudpost
<それでも《雲上の座》が禁止される前は、8postなどで恐ろしい動きをしていた>

使い方その1:ウルザトロンで使う

urzat
Pauper環境で「何が何でも引きたいほど強い土地」といえば、《ウルザの塔》を始めとするウルザランド。

《探検の地図》《古きものの活性》と一緒に使う事で、かなり安定して4ターン目までにウルザランドを揃える事ができます。

 

ただ、これらの2つと違って《輪作》ではアドバンテージを失っている点に注意が必要です。

《耕すツリーフォーク》を採用してアドバンテージを回収しつつ土地破壊に耐性を付けるなど、一手間加えたいところ。

 

使い方その2:シルバーバレット戦略

 このカードの強みは「強い土地の水増しになる」点だけではなく、「好きなタイミングで好きな土地を持ってこられる」、つまりはシルバーバレットができる点にもあります。

 

 例えば《カルニの庭》《ぐらつく峰》《セジーリのステップ》がデッキに入っていた場合。

nonbasicland1
《輪作》を唱えてこれらの特殊地形を持ってくると、自分のコントロールする土地総数は変わらず、緑1マナでこれらのCIP効果を得られるわけです。

それもインスタントタイミングで。

 

これを具体的なカードとして考えると

  (緑)
インスタント

以下から1つを選ぶ。
・緑の0/1の植物・クリーチャー・トークンを1体戦場に出す。
・クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+0の修整を受ける。
・あなたがコントロールするクリーチャー1体を対象とする。あなたは色を1色選ぶ。それはターン終了時までプロテクション(その選ばれた色)を得る

に近い性能。 まるで魔除け呪文のようですね。

 

もちろん細かい違いは多々ありますが、たった1マナで《ゲスの評決》《未達への旅》の両方に対応でき、かつパンプとしても使えるのは非常に優秀。

 

緑単色のアグロデッキ、とくに緑単感染で重宝するテクニックです。

ginfects

 他にも

《Oasis》を持ってきてクリーチャーを守る

・土地が止まった時にバウンスランドや《ヒッコリーの植林地》を持ってきて、使えるマナを増やす

・サイド後、《ボジューカの沼》をインスタントタイミングで持ってきて墓地対策する

といった使い道もあります。

nonbasicland2

今後、新たな特殊地形が出てくれば使い道はさらに倍増。

 

新規特殊地形コモンが登場するたびに、「これを《輪作》で持ってきたら強いか?」を考慮しておきたいところです。

動画

ソリティアで実際の挙動を動画にしました。《輪作》の使い道の参考にどうぞ!

 

弱点

counters
このカードの弱点は、「打ち消し呪文にもの凄く弱い」という事。

土地を生け贄にするのは唱えるときのコストなので、もし《対抗呪文》や《払拭》で打ち消されてしまうと簡単に2:1交換させられてしまいます。

 

それだけならまだしも、《呪文づまりのスプライト》に打ち消された場合が最悪で、なんと2:0交換。

《深き刻の忍者》までいたらもう悲惨なアドバンテージ差がついてしまいます。

小回りの利く1マナインスタントであることを活かし、出来る限り打ち消されないタイミングで唱えたいですね。

 

 以上、輪作/Crop Rotation【Pauperカード個別考察】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ

    follow us in feedly


PAGE TOP ↑