新カード情報

【マジック・オリジン】公式プレビュースタート! 新メカニズムの高名・魔巧が公開

米時間6/22、最後の基本セット「マジック・オリジン」の公式プレビューが開始。同時に、そのメカニズムも公開されました。

参考リンク:『マジック・オリジン』のメカニズム/マジック:ザ・ギャザリング 日本公式

 

今回から常磐木能力入りした「果敢・威迫・占術」の他、オリジンの新能力「高名・魔巧」が取り上げられています。

高名

オリジンの新キーワード能力「高名」。

高名Nは、「プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時にこれが高名でないなら、これの上に+1/+1カウンターをN個置いて高名になる」を意味しています。

 

誘発型能力になった怪物化、あるいは単体で成立している狂喜といった感じでしょうか。

renowns
高名持ちのコモンとしては、5マナ4/4トランプル高名2の《ロウクスのやっかいもの》・3マナ3/2高名1の《巡礼者の道の騎士》が公開されています。

 

普通に使うと「戦場に出し、次のターンそれでプレイヤーに戦闘ダメージを与え、そのまた次のターンに初めて高名の恩恵を受け始める」ことを考えると、1マナ・2マナの高名持ちクリーチャーが主力となってきそうです。

renown2s
また、「高名になること」で+1/+1カウンターが乗る以上の恩恵も受けられることもあるようです。

 

《包み込む霧》はその一例となるインスタントで、1マナで+1/+1修整と「それに与えられるすべてのダメージを軽減」に加え、対象が高名ならそれをアンタップするオマケ付きです。普通に使うと《アジャニの存在》の下位互換なのが悲しい。

 

魔巧

オリジンの新能力語「魔巧」。

自分の墓地にインスタント・ソーサリーが合計2枚以上ある時に、その呪文の効果を向上させる能力です。

 

魔巧呪文には、魔巧達成時に「追加効果をあたえるもの」と「効果を一部または全部を置き換えるもの」が存在します。

spellmasts
《眠りへの誘い》は、2マナで最大2体のクリーチャーをタップするインスタント。

魔巧達成時には1度だけアンタップを阻害し、「1マナ軽い《霜のブレス》」として使うことができます。

 

《対抗呪文》《払拭》を常に構えたい青にとって1マナ軽い事は非常に大きな差で、《ギタクシア派の調査》→《定業》と打てば2ターン目から魔巧で打てるようになり、序盤から扱いやすいカード。

青いテンポデッキで、対速攻デッキ用に積みたくなる1枚です。

 

《焦熱の衝動》は、1マナインスタントでクリーチャー限定の2点火力

魔巧達成時には3点火力になるので、5枚目の《稲妻》候補といったところでしょうか。

 

稲妻4枚を前提としても、3点火力としては《Chain Lightning》、生物限定火力としては《炎の斬りつけ》《静電気の稲妻》と強力なライバルが多いのが懸念材料です。

威迫・占術

ori3s

最後に

高名は有利な盤面をさらに有利にする能力なので、「サイズが小さい代わりに飛行もち」「タフネスが1多くて生き残りやすい」といった本当に少しの違いが一気に評価を分けそうですね。

 

魔巧はPauperでは非常に簡単に条件を達成できるだけに、どう調整されてくるのかが注目ポイント。

《眠りへの誘い》のように「3マナ相当の呪文が2マナで打てる」といった調整なら、アクト・2枚ドロー・全体強化など強い呪文となる候補は多く、期待ができます。

 

以上、公式プレビュースタート! 新メカニズムの高名・魔巧が公開でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。