新カード情報

ゲートウォッチの誓いスポイラー、優秀なコモン5色地形が2種類公開。あなたはどう使う?

本日、instagramアカウント「gameworldtv」より新セット「ゲートウォッチの誓い」の新カードが大量にリークされました。

 

場に出したターンにテンポ損なく好きな色マナを出せる優秀な5色地形コモンが2種類公開されています。※公式情報ではありません。

c5s

崩壊する痕跡

jp_Ju7JrU0QSJs

タップ状態で戦場にでる上に、タップしても無色マナしか出せない土地。

その代わり、「戦場に出た時に好きな色のマナを1点加える」という強力な能力を持っています。

 

「好きな色マナ」は戦場に出した時にしか使えず、次のターン以降はただの無色土地なのが難点。

 

《対抗呪文》のように構えるタイプの呪文と相性が悪い

②「場に《山》1枚、手札にこれと《窯の悪鬼》《定業》」の時、《定業》から使うしかない

③初手がこれ2枚と(1)(G)のカードと(1)(R)のカードの場合、《進化する未開地》の方がマシ

など、動きが噛み合わなくなるリスクもあります。

 

 

しかし、それでも実質アンタップイン5色地形として使えるのはものすごく優秀で、テンポ損せずに2種類以上の色のマナを出せる土地が存在しなかったPauperでは非常に貴重な存在です。

kors

序盤にテンポよく各色の呪文を唱えて、中盤に《豊かな成長》《予言のプリズム》を出す

《コーの空漁師》で使い回す

「無色マナでも十分動けて、好きな色マナを出せればさらに強い」構成にする

など、5色地形のメリットを活かしつつ無色地形のデメリットが気にならない構成を意識したいところです。

抵抗者の居住地

jp_NX3szxydVls

アンタップインの無色土地。

《バネ葉の太鼓》のように、アンタップ状態のクリーチャー1体と一緒にタップすると好きな色のマナを1点加える能力も持っています。

 

「そのターン場に出したクリーチャーをタップする」を繰り返せば、テンポ損せずに何度でも好きな色のマナを生み出せるのが最大の強み。

クリーチャーを多く積んだ多色デッキでの採用が検討できます。

fact

《バネ葉の太鼓》と比較すると

マナ加速にならない。所詮はフィルターランド

②アーティファクトでもないので親和には貢献しない《マイアの処罰者》が使いにくくなる

③最低でも無色マナを出す土地なので、クリーチャーがいなくても仕事をする

マナスクリューリスクを減らし、キープ率が上がる

といった差があります。

 

afhands

特にマナスクリューリスクの軽減効果が大きく、たとえば上のような初手をキープするのは厳しいですが、もし太鼓が《Holdout Settlement》なら余裕でキープできます。マナソースを削って強い呪文の枚数を増やすことも検討できるでしょう。

これのために、あえて親和から《マイアの処罰者》を減らした金属術デッキが出てくるかもしれません。

 

無色マナで出せるクリーチャーが多いデッキなら、使いやすい5色地形となってくれそうですね。

 

個人的にパッと見た時の衝撃は《Crumbling Vestige》の方が大きかったのですが、環境に与える影響は《Holdout Settlement》の方が使うタイミングを選ばない分大きいように感じます。

多色デッキの可能性を広げる2枚

今まで、Pauperにはテンポ損することなく2種類以上の色マナを出せる土地は存在しませんでした。

多色地形は、どれもタップインか1マナを要求するものばかりです。

lands

それだけに、ゲートウォッチの誓いで「テンポ損なしに5種類の色マナを出せる土地」が2枚も出てきたのには驚きです。

 

どちらも使い勝手にクセがあり、多色デッキだからといって簡単に採用できるものではないと思いますが、ウルザトロンにおける《ゆらめく岩屋》のようにデッキ構造と噛み合っていれば、その強さを遺憾なく発揮してくれるでしょう。

 

これらを最大限に活かした、新たな多色デッキの登場に期待が高まります!

 

以上、ゲートウォッチの誓いスポイラー、優秀なコモン5色地形が2種類公開。あなたはどう使う?でした。参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    あくまでリークの情報なので公式スポイラーのような書き方をするのはまずいのでは?

    • Ganp より:

      確かに。非公式のリークであることを明記しておきます。ご指摘、ありがとうございます!

  2. 匿名 より:

    無色マナでも使い道があり、クリーチャーが多く、尚且つ多色が欲しい、でもテンポロスはしたくないデッキ。
    スリヴァーで宝革スリヴァーとあわせつつ、除去耐性の墓所、疑似除去とスリヴァーを兼ねる狩人、飛行で空中戦を可能にする有翼等、色の関係で使えなかった所を採用出来る、のかな?

  3. 匿名 より:

    能動的にいつでもタップ出来ることを使えないかと思いましたが、ローウィンのアンタップシンボル能力ってコモンにありましたっけ・・・

    • 匿名 より:

      メロウの波破り、絹縛りのフェアリー、安寧砦の歩哨、ピリ=パラがそうですね。
      ただ、どれもアンタップのついでならともかく、能動的に発動を狙うものとしてはちょっと弱めかなと。

      似た効果にはテーロスブロックの神啓もありますが、除去が強い環境である事を考えるとアンタップフェイズまで持ってくれるかが難しそう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。