新カード情報

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【黒・赤】

前回に引き続き、タルキール覇王譚のフルスポイラー

今回は黒・赤のコモンをPauper目線でみていきます。

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【白・青】

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【緑・多色・他】

タップインライフゲイン2色土地について

3色推奨の多色環境なためか、単色の呪文は全体的にシンボルが薄くなっていますね。

黒:全16種

KTKB1s
《苦々しい天啓》《骨読み》が1マナ重くなって性能があがったソーサリー。
《血の署名》・《骨読み》を押しのけてまで入るとは考えにくい。

《縁切られた先祖》:最近の黒のタフネス偏重の影響を受けた黒い1マナクリーチャー。
正直強いとは言い難いですが、自力で強くなれる1マナ0/4は貴重です。

似た性能の《ハリマーの波見張り》がサイドでの入賞実績が十分ありますし、序盤の壁兼フィニッシャーとしての活躍が期待できます。

《マルドゥの頭蓋狩り》:強襲でカードを1枚捨てさせる2マナ2/1。

黒いアグロならすんなり入りそうですが、そもそも黒いアグロがどこまで戦えるのか。

KTKB2s
《ラクシャーサの秘密》:ありそうでなかった純粋な《精神腐敗》の上位互換。
《深き闇のエルフ》から2ターン目に打って、アドを取りつつ探査のリソースを稼ぐのが理想。

《よろめく従者》:黒の強い探査その1。

3/5接死・ゾンビなので、Pauperの主流となっている除去・クリーチャーに強いのが優秀です。
流石に8マナは探査込みでも重く、墓地をどうやって肥やすかが課題。

《スゥルタイのゴミあさり》:黒の強い探査その2。

《臭い草のインプ》の発掘を1回使えば1マナ3/3飛行。黒いデルバーになります。
これ1体でどうこうするというより「余ったマナで展開できる3/3飛行」と考えた方が良さそうです。

赤:全16種

赤は今回ほとんど収穫がありませんでした。一応6枚紹介しておきます。

KTKR1s
《石弾の弾幕》:相手だけ全体1点ダメージの3マナソーサリー。獰猛でブロックも封じます。

《電謀》の方が使い勝手は圧倒的に上ですが、獰猛が安定するならあるいは、といったところ。

《沸血の熟練者》:3マナ3/1、果敢。
赤単なら《ぼろ布食いの二人組》の方が使い勝手が良く、素でタフネス1というのが辛い。
果敢無限デッキが成立すれば、候補に挙がる可能性はあります。

《沸血の導師》:3マナ0/5。青含む3マナでルーター能力。
タフネスが高いのは評価できますが、厳しい。

KTKR2s
《マルドゥの戦叫び》:強襲で(R)(W)(B)を生んでくれる4マナ3/3。重い。

《苦しめる声》:シングルシンボルになった《野生の勘》
色拘束が薄くなったことで、多色で使いやすくなりました。

マッドネスで使うなら《信仰無き物あさり》がライバル。打ち消しに弱いのが気になります。

《谷を駆ける者》:近いものとしては《ゴブリン戦闘バギー》《泥騒ぎの群勢》が居ましたが、火力重視のスライで使いやすい純粋な赤単用2マナ2/2速攻はコモン初。

攻撃強制は小さくないデメリットですが、タフネス1とは雲泥の差です。
火力や《ぐらつく峰》でサポートしてやれば十分な強さを発揮してくれるでしょう。
____________________________________

黒は良いカードが多いですが、どれも現状の黒単には入らないものばかり。
今までとは一風違った黒単が組まれるようになるのでしょうか。

以上、タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【黒・赤】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。