新カード情報

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【白・青】

タルキール覇王譚のフルスポイラーが公開されましたね!

《秘密を掘り下げる者》・《凍結燃焼の奇魔》・《アスフォデルの灰色商人》のようなカードはあるのでしょうか?

今回は白・青のコモンをPauper目線でみていきます。

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【黒・赤】

タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【緑・多色・他】

タップインライフゲイン2色土地について

今回から、考察しないコモンも一覧で表示させています。リミテッドでのコモン確認にもどうぞ。

白:全16種

KTKW1s
《アイノクの盟族》:基本は+1/+1カウンターを載せたクリーチャーを支援する2マナ2/1。
Pauperはマナが余りやすい事、打ち消せない先行2ターン目に出してじっくり育てられる事を考えると、他の環境よりは長久も活かせると思います。

《果敢な一撃》:白い《たなびく緑青》
英雄的・先制攻撃が多い白な分、使い勝手は良くなっています。

《抵抗の妙技》:よくある《歯止め》の派生呪文。
Pauperではワンサイズ強くなるのは大きいですが、1マナ重くなってしまった事も大きな差。

カードを1枚引ける《避難》との選択。

KTKW2s
《炎蹄の騎兵》:見た目は凄くカッコイイ。 Pauperは勿論リミテでも微妙なスペック。

《ジェスカイの学徒》:2マナ1/3果敢。赤や青なら相当優秀でしたが、白なのが惜しい。

フラッシュバック等を駆使し、2マナ2/4以上として安定するかが鍵。
《骨断ちの矛槍》含め非クリーチャー呪文が多いデッキなら使いやすそうです。

無限回呪文を唱えるデッキに組み込めれば∞/∞として一気に評価が上がるカード。

《マルドゥの軍族長》:強襲で出すと《従者つきの騎士》より少し強いクリーチャー。
単体除去に耐性のある3マナ3/4と考えれば居場所が無いわけではなさそう。

青:全16種

KTKU1s
《春の具象化》《精励する農場労働者》のようなクリーチャー。タフネスが3もあるのは偉い。
これの能力を起動できる時点で青緑が揃っている訳で、色の安定化としての役割は薄い。

《ジェスカイの風物見》:3マナ2/1飛行果敢。《ジェスカイの学徒》以上に無限コンボ向き。

普通の青いクリーチャーとしては3/2飛行や2/4飛行など、ライバルが強すぎるのが悪い。

《鐘音の一撃》:2マナでタップする上にアンタップ制限もついている優良オーラ。

《鎖の呪い》と比較した場合、6マナ払うと攻撃・ブロックできてしまう点で劣りますが、
唱えたターンのブロッカー排除・《クォムバッジの魔女》を始めとするタップ能力の封殺も出来る点で優れています。

KTKU2s
《テイガムの策謀》:1マナ重くなったら墓地にも送れるようになった《索引》
占術5より強いと書くと凄そうですが、2マナ払って場に何も影響がなくアド損というのは結構痛い。

墓地がリソースとなるデッキで使いたいところ。

《宝船の巡航》:探査付きの3枚ドロー。探査呪文は全部強い。
墓地を7枚肥やすのは中々大変ですが、それでも1マナ3ドローは強力です。

「とりあえず1枚試されて、墓地対策されだすと抜け、墓地対策が甘くなるとまた1枚積まれる」ようになるのではないでしょうか。


《旋風の達人》
:5マナ4/2呪禁果敢。《水底の巨人》と違い、マナ加速なしでもギリギリ使われている5マナ域というのが重要です。

《熟考漂い》にはない呪禁と果敢の強みをどこまで活かせるかが鍵。
________________________

《ジェスカイの学徒》・《旋風の達人》の2枚が好みです。

非クリーチャー呪文が強いPauper環境ですが、果敢の使い勝手はどんな感じなんでしょうね。
私も色々試してみようと思います。

以上、タルキール覇王譚フルスポ・コモン考察【白・青】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。