やっぱり熟考漂いは最強!新たな親和調整録

公開日: デッキ構築

前回紹介した親和に可能性を感じたので、色々と調整しています。

reapings

SPONSORED LINK

屍賊親和というより、天啓親和?熟考親和?

nimaf

《屍賊の飢え》は、対速攻デッキや対コンボデッキ戦において相手が隙をつくった瞬間に一気に勝ちを拾ってくれる強力なカードです。

しかし、最近のPauperのメタがかなりコントロール寄りになってきており、《屍賊の飢え》サイドアウト率が非常に高い状態が続いています。

 

従来型の親和と比べて新型の親和で活躍しているのは、むしろ《工匠の天啓》のほう。

速攻デッキやコンボが相手なら《予言》と大差ないカードなのですが、最近は打ち消しを使ってくるコントロールが多いせいで「相手のエンドに唱えられるアド源」であることがかなり役に立っています。

 

アドさえ取れれば、後は《強迫》《払拭》でキーカードを押し通せますからね。

 

現在のメタゲームでは《屍賊の飢え》を軸にするよりも、アドを取りながら《エイトグ》《マイアの処罰者》をテンポよく叩き付けていくデッキの方が強そうということで、今回はよりアドバンテージ力を重視した親和の構築に挑戦してみました。

reapings

アドバンテージ力を重視するうえで役に立つのが、《熟考漂い》《墓の刈り取り》です。

 

《熟考漂い》は説明不要のアドバンテージクリーチャー。

2ドローの中に《マイアの処罰者》がいれば大抵そのまま場に出せるのが強力で、引きが噛み合えば《熟考漂い》→《マイアの処罰者》+《物読み》→《マイアの処罰者》×2なんて動きも可能です。

6マナから一気に2/2飛行+4/4が3体出てくるので、一気に盤面をひっくり返してしまいます。

 

《墓の刈り取り》は低コストでカードを引く呪文の多い親和とピッタリのストーム付き墓地回収。

中盤以降なら簡単にストームを3~5程度貯める事ができ、これで墓地の《マイアの処罰者》や《熟考漂い》を大量に回収すれば、まず負けません。

 

ストームのおかげで打ち消しにも強く、対コントロール戦でこれを打った試合は今のところ100%勝てています。

 

※最後の試合で中々《墓の刈り取り》を唱えないのは、《墓所への乱入》を警戒しています。

 

かなりアドバンテージ力が高く、それでいて親和の強力なカードで相手にプレッシャーをかけていけるのが強い。

 

まだまだ調整中ですが、とりあえず動画のサンプルリストだけ載せておきます。


4:《島/Island》
4:《大焼炉/Great Furnace》
4:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
4:《教議会の座席/Seat of the Synod》
4:《囁きの大霊堂/Vault of Whispers》
-Lands(20)-


4:《感電破/Galvanic Blast》
4:《彩色の星/Chromatic Star》
3:《予言のプリズム/Prophetic Prism》
2:《ティムールの激闘/Temur Battle Rage》
1:《屍賊の飢え/Hunger of the Nim》
4:《物読み/Thoughtcast》
4:《工匠の天啓/Artificer’s Epiphany》
1:《強迫/Duress》
-Other Spells(23)-


2:《大霊堂のスカージ/Vault Skirge》
3:《エイトグ/Atog》
4:《金属ガエル/Frogmite》
4:《マイアの処罰者/Myr Enforcer》
4:《熟考漂い/Mulldrifter》
-Creatures(17)-


3:《強迫/Duress》
2:《破滅の刃/Doom Blade》
3:《払拭/Dispel》
1:《エイトグ/Atog》
2:《墓の刈り取り/Reaping the Graves》
2:《屍賊の飢え/Hunger of the Nim》
1:《水流破/Hydroblast》
1:《電謀/Electrickery》
-Sideboard(15)-

さらに調整するなら

38s

あまりにも除去コントロールと当たる率が高いので、《大霊堂のスカージ》や《金属ガエル》よりも《ジェスカイの賢者》を入れて調整したほうがメタに合っているように感じました。

 

《熟考漂い》らを安定させるうえで《島》を入れたおかげで2ターン目から場に出しやすく、2/2~4/4として確実に相手にプレッシャーを与えられる上に、これに除去を打ってくれたらアド。

対速攻デッキでもライフを守りつつカードを引かせてくれるので、中々に噛み合っていそうです。

 

禁止改訂と共に親和も姿を変えてきましたが、《フェアリーの大群》禁止後の環境において、親和はどういった形にまとまってくるのでしょうか。

以上、やっぱり熟考漂いは最強!新たな親和調整録でした。参考になれば幸いです。 最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 匿名 より:

    アンコウ一枚刺したい…刺したくない?

  2. 匿名 より:

    あまりコントロールに寄せるとトロンがちょっときつそうかな?

    • Ganp より:

      >>1さん
      そうですね。サイド後は4点火力+水流破などでアタッカーを処理されてしまいやすいので、そういった除去に強いアンコウを1枚入れておくと良い仕事をすると思います
      ただ、事故率が上がるのが懸念材料ですね

      >>2さん
      トロンはかなりきついですね。ファングレンへの確定除去をサイドから積んで確実に処理しつつ、隙をついてエイトグ+激闘するしかないので
      土地で回収されるのが基本的な負けパターンなので、墓地対策も欲しくなります

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑