基本セット2020フルスポイラーコモン考察

公開日: 新カード情報

本日、基本セット2020のフルスポイラーが公開されました。

 

基本セット2020公式スポイラー/カードギャラリー

 

今回は、基本セット2020で新たに収録されたコモンのうち、Pauper目線で気になったカードを見ていきます。

基本セット2020のコモン

《大隊の歩兵》《軍団の征服者》の同型再版。

《不動の哨兵》:3マナ3/2警戒。死亡時に味方1体に+1/+1カウンターを1個置く。

 

基本セットということもあって再録が多く、新録も重めなカードが多いので、白の収穫はほとんど無さそうですね。

 

《雲族の予見者》:3マナ2/1飛行で、場に出ると1ドロー。

《秘密を掘り下げる者》を止められるサイズにドローがついているのが偉いです。

 

タフネスが1しかないので、《電謀》のリスクを考えると2枚程度の採用にとどめたいところ。

メタ次第では《秘密を掘り下げる者》の代わりにこれを採用することで、同系戦を強く意識した青赤氷雪フェアリーが出てきそうですね。

 

 

《翼ある言葉》:飛行クリーチャーをコントロールしていると2マナ2ドロー。

《噴出》の禁止によって、アドバンテージの取り方に悩まされている青系のクロックパーミッションでの採用が検討できます。

 

《蓄積した知識》と比べると「4積みする必要がない点」と「墓地対策に強い点」が強み。

とは言え、飛行クリーチャーが場にいないときの弱さを考えると、「追加のアドバンテージ呪文」としてたまに1~2枚採用するくらいのポジションに落ち着きそうです。

 

《大胆な盗人》《ファイレクシアの憤怒鬼》とよく似た3マナ2/2。

ドローの誘発条件が「戦場に出たとき」ではなく「攻撃するたび」なので、生き残りさえすれば次々にカードを提供してくれます。

 

《深き刻の忍者》と違って、攻撃しさえすれば相手プレイヤーにダメージを入れる必要がないので、時にはチャンプアタックしてでもカードを引きに行くこともありそうです。

 

2019年《暗黒の儀式》から1ターン目に戦場に出したいクリーチャーNo.1。

 

 

《貪る禿鷹》《闇告げカラス》の(ほぼ)上位互換。

フェアリーを一方的に討ちとれる2/2飛行というサイズに加え、場に出てすぐに4枚も墓地を肥やし、1~3点程度のライフ回復までついてきました。

 

《拷問生活》デッキはもちろん、《グルマグのアンコウ》を素早く場に出したいデッキにとっても嬉しい1枚です。ゾンビでないことだけが悔やまれますね。

 

《野火の精霊》プレインズウォーカーデッキに収録されるコモン。

 

「戦闘ダメージ以外のダメージ」が何回も誘発するカードと組み合わせると、大幅な全体強化を狙うことができます。

たとえば《略奪の爆撃》がある状態だと、1/1が3体いれば合計15点、4体で24点、5体で35点のダメージが入ります。

 

後述する《焦がし吐き》との相性も抜群。パウパーでは+3/+0以上の全体強化は珍しいだけに、上手く使ってやりたい1枚です。

 

 

《焦がし吐き》:黒でよく見かける「攻撃時に相手のライフを1点削る1マナ1/1」。

 

赤では貴重な1マナ2点クロック。このタイプのアタッカーは残り数点を削り切りやすいのが強みで、黒よりも赤のほうが活かしやすいでしょう。

 

1/1のままでは止まりやすいので、全体強化とうまく組み合わせたい。

 

《成長周期》:2マナで1枚目は+3/+3。2枚目は+5/+5。3枚目は+7/+7修整。

 

2枚目を使った時点では《巨森の蔦》と修整効率は同じ。

墓地を肥やせるデッキで積極的に+7/+7修整を狙っていきたい。

 

 

《林間の癒し手》:緑では珍しい1マナの回復つきクリーチャー。

 

《本質の管理人》《ジャディの横枝》と比べると、場に出てすぐ仕事をするおかげで使い捨てやすいのが偉い。

ただ、1/2というサイズはブロッカーとしては中途半端なので、ストンピィのようにアタッカーとしても使えるデッキで採用したほうが強みを活かせそうです。

 

《輝き森の追跡者》:6マナとタップで《自然との融和》系のクリーチャーサーチ。

 

エルフデッキでは生き残れば次から次へとエルフを補充できますが、《紆余曲折》を得た今では悠長な気もします。

大量のマナのつぎ込み先としても《ビビアンの灰色熊》のほうが使いやすそう。

 

 

《心臓貫きの弓》:攻撃時に相手のクリーチャーに1点ダメージを与える装備品がコモン落ち。

 

ダメージの発生源は《心臓貫きの弓》なので、接死コンボはできないのが残念。

《ヴィリジアンの長弓》よりも装備コストが低いので、ストンピィのように土地が少ないデッキがタフネス1対策に使う感じでしょうか。

 

 

基本セットということもあって、Pauper的には収穫は少なめ。

まだモダンホライゾンが出たばかりで環境が激変中なので、基本セットからの影響よりもモダホラのカードの再評価による影響のほうが大きそうですね。

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑