デッキ構築

ぐらつく峰+歩く火力バーン

今回もタルキール覇王譚で新たに手に入れたコモンを試していきます。

本日は、この組み合わせ。

 dashburns

谷を駆ける者

dasher
ありそうでなかった、純粋に2マナ2/2速攻として使えるコモンクリーチャー。

《ゴブリン戦闘バギー》のようにエコーで展開を阻害する事も無ければ、《泥騒ぎの群勢》のように他のクリーチャーを用意する必要もなく、《ラクドスの刻み教徒》のように1/1と相打ちする心配もありません。

 

「相手クリーチャーを除去しつつ殴り、火力で止めをさす」という赤の王道パターンを成立させるうえで必要最低限の要素を全て兼ね備えており、地味ながらも優秀なクリーチャーと言えます。

 

デッキリスト


16:《山/Mountain》
4:《ぐらつく峰/Teetering Peaks》
-Lands(20)-


4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《Chain Lightning》
4:《裂け目の稲妻/Rift Bolt》
2:《焼尽の猛火/Searing Blaze》
1:《欠片の飛来/Shard Volley》
1:《火葬/Incinerate》
4:《溶岩の撃ち込み/Lava Spike》
4:《針落とし/Needle Drop》
4:《火炎破/Fireblast》
-Other Spells(28)-


4:《火花の精霊/Spark Elemental》
4:《谷を駆ける者/Valley Dasher》
4:《ケルドの匪賊/Keldon Marauders》
-Creatures(12)-

3:《貫かれた心臓の呪い/Curse of the Pierced Heart》
3:《溶鉄の雨/Molten Rain》
4:《紅蓮破/Pyroblast》
1:《粉々/Smash to Smithereens》
2:《鋭い痛み/Flaring Pain》
2:《灰の殉教者/Martyr of Ashes》
-Sideboard(15)-

今回はバーンに寄せたデッキで、《谷を駆ける者》を歩く火力のように運用してみました。

歩く火力が12枚体制になったを活かして《ぐらつく峰》を4枚積み、《火花の精霊》《ぐらつく峰》によるお手軽5点ダメージを積極的に狙っていきます。

teetrings

対戦動画

まずはバーン同系対決。


《火花の精霊》
《ぐらつく峰》が強い。

 

 こちらは黒単ハンデスとの一戦。

相手のデッキも楽しそう。

 

ゴブリンでもバーンでもない赤単の時代は来るのか

一昔前までは、ゴブリンで無い赤のクリーチャーといえば《窯の悪鬼》くらいしかまともなものがいませんでしたが、最近は《凍結燃焼の奇魔》《サテュロスの重装歩兵》《国境地帯の匪賊》など質の高いクリーチャーが増えてきています。

 redcreatures

現在のPauperの赤単は

「30枚以上がクリーチャー」のゴブリンか、「30枚以上が火力」のフルバーンか

という両極端な状態ですが、今後もこうやって赤のコモンクリーチャーの質が上がっていけば、ゴブリンでもバーンでもない赤単がメタに食い込んでくるかもしれませんね。

 

以上、ぐらつく峰+歩く火力バーンでした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。