タルキール龍紀伝フルスポイラーコモン考察【緑・総括】

公開日: 新カード情報

今回は緑のコモンをPauper目線で見ていく+DTKのコモンの総括です。

タルキール龍紀伝公式スポイラー/カードギャラリー

緑の注目カードは、《勇壮な対決》。

dtkgs
ドラゴンパンチ。2マナで+1/+2修整付きの格闘ソーサリー。

他に強化呪文を用意せずとも「《若き狼》《窯の悪鬼》の除去」「《イラクサの歩哨》《昆虫の逸脱者》の除去」ができるのが強力です。

対応してクリーチャーを除去されると弱いので、相手がフルタップの時を狙ったり、除去耐性持ちに格闘させたいところ。

呪禁クリーチャーを採用しているならメインから、そうでなくてもサイドから積みやすい除去呪文です。

緑:全19種

dtkg1s
《アタルカの獣壊し》:2マナ2/2、圧倒時に5マナ払うとターン終了時まで+4/+4修整を受けます。

普段がで、他に6点のパワーと5マナを用意してやっと6/6になる、というのは微妙。

 

《林間の見張り》:2マナ3/3防衛、圧倒時に1マナ払う事でそのターン攻撃可能になります。

圧倒はリミテッドでは達成しやすいせいか、全体的に性能が控えめですね。

dtkg2s
《アイノクの弩弓手》:+1/+1カウンターが乗っていると到達を得る3マナ4/1。

 

《針葉樹の徘徊者》:4マナ5/1呪禁、《聖なる狼》の上位種です。

わざわざこれを使う理由はただ1つ、《ティムールの激闘》パワー5の呪禁二段攻撃トランプル

《窯の悪鬼》と同じエレメンタルですが、今のところ主だった部族シナジーは《煙束ね》くらい。

コモンに《騎士道》系(先制攻撃付与)カードがくれば、呪禁オーラとはまた違った強さをみせてくれるでしょう。

dtkg3s
《鱗の召使い》:緑になって相手を選ばなくなった《電結の働き手》

 

《突進する大鹿の群れ》:5マナ5/5で、圧倒時に攻撃すると全体トランプル付与。

圧倒の条件と能力が噛み合っているので、アグロデッキなら性能は高いです。

問題は、どうやってアグロデッキで5マナを出すか。

dtkns
《蜘蛛糸の網》・《進化する未開地》:再録。 未開地の新絵がカッコイイ

《龍火の薬瓶》:《Aeolipile》の下位互換

総括

dtkbrs

目玉カード

《神出鬼没の呪拳士》:とりあえず「2マナ2/3ブロックされない」にはなる。ひたすら呪文を唱え続けるだけで勝利に直結するため、ストームのような挙動もできそう

《禿鷹エイヴン》:濫用コストは楽ではないけれども、カードパワーは高い。黒い《熟考漂い》となれるのか

《双雷弾》:メインから入るフェアリー対策

 

優良カード

《オジュタイの学徒》:トロンの追加の回復源として重宝しそう。4マナ2/4のサイズも悪くない

《疾走する戦暴者》:4マナ疾駆の5/4は強い

《勇壮な対決》:緑の中ではかなり使いやすい除去。除去耐性もちと組ませたい

 

地味に偉いカード

《巧みな機動》:英雄的・果敢の可能性を広げる1枚

《シディシの信者》・《カルシのサディスト》:軽い濫用は《拷問生活》デッキで

《よろめくゴブリン》:ゾンビデッキの1マナ枠として

 

相性の良いカード次第

《忌呪の金切り声》:黒で5体以上並びやすいデッキなら

《衝撃の震え》:無限出し入れできるデッキで。コンボが成立しなくてもそこそこ仕事するのが偉い

《針葉樹の徘徊者》:《ティムールの激闘》など。先制攻撃や回避能力を与えやすいデッキなら

 

他のDTKコモン記事

DTKフルスポイラーコモン考察【白・青】

DTKフルスポイラーコモン考察【黒・赤】

 

以上、タルキール龍紀伝フルスポイラーコモン考察【緑・総括】でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑