土地をクリーチャー化させて無限アンタップ→無限マナを狙うデッキがPauperDE4-0

公開日: 入賞デッキ紹介

まさか、《活生の呪文爆弾》を使って4-0するデッキが生まれるとは。

無限コンボご用達エンチャント《現実からの遊離》クリーチャー化させた土地に張ることで無限マナを生み出すコンボデッキが、PauperDEで4-0しています。

infinites
player:xXxManaDrainxXx (4-0) 


7:《島/Island》
4:《イゼットの煮沸場/Izzet Boilerworks》
4:《広漠なる変幻地/Terramorphic Expanse》
3:《森/Forest》
1:《ダークスティールの城塞/Darksteel Citadel》
1:《教議会の座席/Seat of the Synod》
1:《伝承の樹/Tree of Tales》
-Lands(21)-

4:《思案/Ponder》
4:《渦まく知識/Brainstorm》
4:《肥沃な大地/Fertile Ground》
4:《現実からの遊離/Freed from the Real》
3:《万の眠り/Gigadrowse》
3:《一瞬の平和/Moment’s Peace》
3:《交錯の混乱/Muddle the Mixture》
3:《風のゼンディコン/Wind Zendikon》
2:《活生の呪文爆弾/Lifespark Spellbomb》
1:《連弾炎/Pyromatics》
1:《ヴィリジアンの長弓/Viridian Longbow》
-Other Spells(32)-

3:《幻の漂い/Drift of Phantasms》
3:《粗石の魔道士/Trinket Mage》
1:《炎波の発動者/Flamewave Invoker》
-Creatures(7)-

3:《赤の防御円/Circle of Protection: Red》
3:《払拭/Dispel》
3:《クローサの修復者/Krosan Restorer》
3:《魔力消沈/Power Sink》
1:《万の眠り/Gigadrowse》
1:《一瞬の平和/Moment’s Peace》
1:《平地/Plains》
-Sideboard(15)-
SPONSORED LINK

「土地をクリーチャー化」が様々な課題を克服した無限マナコンボ

「タップすると2マナ(出来れば3マナ)生み出せる土地に《現実からの遊離》を張れたらお手軽無限マナ」を利用した無限コンボデッキ。

本来、土地に《現実からの遊離》を張る事は出来ませんが、《風のゼンディコン》《活生の呪文爆弾》で土地をクリーチャー化させることにより、それを可能にしています。

combos

他の《現実からの遊離》デッキとの最大の違いは、その決定的な弱点であった「クリーチャーの召喚酔いが解けるのを待つ1ターン」が存在しない事です。

自分のターン開始時からコントロールしていた土地をクリーチャー化させた場合、その土地クリーチャーは召喚酔いになりません。

そのため、前のターンに置いた《イゼットの煮沸場》《風のゼンディコン》《現実からの遊離》を張ると、場にいきなり「タップすると青1マナ+赤1マナを生み、青1マナでアンタップする召喚酔いしていないクリーチャー」を作り出す事ができるんです。

 

召喚酔いしていないので即タップで青1マナ+赤1マナを生み、その内の青マナを払ってアンタップ。

もう一度タップでまた2マナ生まれ、これを繰り返して無限マナ。《連弾炎》で勝利、という流れ。

 

無限コンボの下準備にクリーチャーを用意しておく必要もなく、非常に対策のされにくい無限コンボデッキとなっています。

フルタップでターンを返したら終わり

この無限コンボの強みは、相手が土地をフルタップした状態でターンが返ってきたらコンボ妨害手段がほとんど存在しないことです。

 

利用するクリーチャーのタフネスが2以上あるので、《散弾の射手》《クォムバッジの魔女》《はらわた撃ち》といった「0マナ1点ダメージ」に妨害されるリスクが大幅に少ないのが特徴。

また、《幽霊のゆらめき》を使う無限コンボと違って墓地を利用していないので、墓地対策も効きません。

さらに、前準備にクリーチャーが必要ないおかげで、コンボを始動させるまではクリーチャーが何体除去されても問題なし。

 

相手のエンドに《万の眠り》で土地を全て寝かしてからコンボを始動すれば、ほぼ全てのデッキが投了することになるでしょう。

drowses

サーチルートマップ

無限コンボに必要なパーツは、以下の4種類。

《イゼットの煮沸場》《肥沃な大地》

②土地をクリーチャー化させるカード

③《現実からの遊離》

④決め手(《連弾炎》《炎波の発動者》《ヴィリジアンの長弓》)

※《ヴィリジアンの長弓》で勝つ場合は、《肥沃な大地》が必須となります。

 

下図が変成カードと《粗石の魔道士》によるこれらの取得ルートです。

searchroots

 

《ダークスティールの城塞》に《肥沃な大地》を2枚張るプランの場合、土地破壊・クリーチャー破壊を無視して無限コンボをスタートさせられるのが面白いですね。

 

以上、土地をクリーチャー化させて無限アンタップ→無限マナを狙うデッキがPauperDE4-0でした。参考になれば幸いです。
最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。ではでは(゜-゜)

Comment

  1. 白石 より:

    これをリアルで作ってみようかとおもいます。そろそろ、コンボデッキでも作りたいと思っていた所なのでタイミング良かったです。

  2. そんちょう より:

    ターボグリフィンみたいで楽しそうだ。

  3. ぴぃ より:

    サーチや召喚酔い対策にクリーチャー化する部分でミラディン人デッキで同じことしてただけに、こっちの発想に気付けなかったのが複雑ですね^^;頭固かったなー。

Message

 
  • magerings
    Pauperに関する記事を主に書いています
    リンクフリー/お問い合わせ


PAGE TOP ↑